簡単にメモっておこう『アメリカの原理主義』

読んだ日に精神状態超低調で書けなかったから本日になってメモ。本日が快調になる要素はないが-どっかでアテにしていた仕事が取りやめになりそうだし、求人に応募しようとして作文に悩んでいたのをまた諦めて、とにかくダメで元々で挑戦しようと試みて実行したためしがないというありさまであったりで何もいい事ないけど、良し悪しはともかくすっきりではある。言葉を変えれば空っぽというか…。そういう頭に、この本はいろいろな情報を詰め込んでくれた。濃厚なのにキレ味が良いというか、ここまで難しいテーマをここまでキレ良くまとめていただいてありがとう、しかもたった700円で、と葉っぱを落とした木の陰から感謝の意を表したい。つまりこれは、アメリカを動かしているのは何かという壮大なテーマを追求したもので、ここになってその大きな流れとして表面に出てきたのが宗教右派、すなわちアメリカ原理主義である、という仮説を実証的に証明しようとしているものだ。方法は著者のアメリカ留学や駐在経験とさまざまな分野の人へのインタビューと文献で、濃厚なのに飽きないし面白いし、そしてやっぱ怖い。

で、問題はこの宗教右派とは何か、なのである。これはもう私のように、そしてきっと大方の日本人のような宗教感の持ち主にはひじょうに分かりにくいものだと思うのだが、これを解きほぐしていくのがこの本ということになる。マイケル・ムーアのドキュメンタリーなどでも、アメリカという国の価値観の根本的な違いを感じるけど、日本人がよく言う「お上意識」というのは英語表現にあるんだろうか。一般的に使うんだろうか。ふと、そんな事を考えた。政府は自分らの生活に干渉するな、自由を束縛するな、というのが基本にあり、その干渉を認めるのは共産主義であり、これはもう何よりの脅威であり、だから国民皆保険制度も悪だってロジックが「シッコ」の中でも出てきたけど、プロテスタント清教徒としての自分達の国を作るために上陸し、血を流しながら建国したという歴史観を持つ人々の国を、太古の昔から美しい島国でいろいろあったけどそれなりに平和に暮らしてきましたという歴史観を持つ国がモデルにしようとしたなんて、それはしょせん無理な話しでしょう、なんて、本題とズレるが、そんな事をつくずくと感じながら読んだ。いずれにしろ、私にはとっても興味深い本だった。
Commented by eaglei at 2007-12-01 00:04
僕もこの本を買って、持っています。
だけど未だ読んでいません。
アメリカを理解しようとしたら、ネオコン等を知らないといけませんね。
同じ集英社新書から出版されている広瀬隆さんの本も、アメリカを知るためには大変勉強になります。
それと古い本ですが、「核戦争を待望する人びと」(朝日選書)からは学ぶことが多かったです。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4022594861/ref=olp_product_details?ie=UTF8&me=&seller=

僕も置いとくだけじゃなくて、早く読まなくちゃ~!
そうそう、梅田望夫さんの新刊が出ました。
僕のブログで、梅田さんの講演内容にリンクさせました。
その講演内容を読むだけで、感激します。
Commented by kienlen at 2007-12-01 09:12
eagleiさん、いろんな情報をありがとうございます。せっかくお手元にあるならぜひ一読をお勧めしますよ。eagleiさんのブログ、私もコメントしたいと感じる時がありますが勇気がなくて、今のところ読むだけで失礼しています。またそのうちに。
by kienlen | 2007-11-30 10:58 | 読み物類 | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー