「させる」と「してもらう」について考える

乗り物の上で過ごす時間が長い。今日は自転車に約1時間半、電車に2時間弱。じっと座っているよりは健康的であるが、気付くと遅い時間になっている。明日は事前準備必須の仕事があるのでこれから取り掛かる。うう、眠くなっている…。ガソリン代はますます高騰なので明日も電車にしよう。遠方ばかりなので生産性は極めて低く経費ばかりかかるが、移動は多分精神衛生上はよろしいような気がする。毎日ちょっとした小旅行気分だ。でもここ2日程はタイ語の勉強に割と長時間を割いていたので、頭の中にタイ語の文字が舞っている。特に気になっているのがให้=ハイというシロモノだ。動詞として使う時は「あげる」という意味があるが、多彩に活躍する語で使役の役割も果たす。つまり「ナニガシにナニナニさせる」という場合にให้・ナニガシ・ナニナニという並びになるわけだ。日本語は単語の間に助詞というやっかいなものが入るけど、タイ語はそういう面倒なものは少ない代わりに語順で融通はきかない。

タイ語と日本語に共通する点といえば目上と目下という人間関係があって、それが言語表現上に強い影響を及ぼすということで、もっと中立的な言葉の方がいいなあと思ったりもするのだが、このให้の感覚は味わい深いように感じる。「ナニナニさせる」と言うと日本語的には目上の人が目下に向かってやらせるものであって、ウチワ意識から外部に向かって言う以外の一般会話で「社長に電話させました」はしっくりこない。なんでかな、って考えたら、日本語というのは、「してもらう」「していただく」「お願いする」という、自分が一歩引いた上で自分から相手に向かう方向性が自然であるようだ。でもタイ語だと「させる」がニュートラルな言葉として作用して、ナニガシが上司だろうが社会的地位の高い人だろうが、ハイ(日本風に言えば「させる」)でいい。すると、逆に困るのが「お願いします」的な表現。これはタイ語に馴染まないようで、在日タイ人達は日本語の「お願い」を便利な言葉としてそのまんま多用している。「お願いเขา=カオ(あの人)」ってタイ人が言えば「あの人に頼む」という意味。外国人が増えると新しい言葉も増えるというか外国語が乱れるというか。外国の言葉を知るって思考の流れの違いを感じることでもあり、本当に楽しいことだ。
by kienlen | 2007-10-31 23:48 | 言葉 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31