珍しい夫からの報告事項だったが…

夫が私に自分から話しかけるということは、まずない。黙って出かけ、知らない間に帰って来る。家庭運営にあたって必要事項は私から夫に伝える。今日も「夕方戻れないから夕食準備は頼む」と言おうと思っていたところなのだが、その前に夫が話しかけてきた。彼が自ら進んで言葉を発すること自体が驚きで、何か特別なことがあったのかと思ったら、あったのだった。その記念すべき一声は「友達が捕まった」というものである。「え、誰?」で私らの場合は事足りる。まあ通常の場合は「何したの?」だろうけど、何もしてないことは分かっているから。何もしないのに捕まるのは外国人でビザ=滞在資格がないからである。その逮捕者の名前を聞いて、夫が声を発した以上にびっくり。「ええ、あの人ビザなかったのお!日本人と結婚しているでしょ、子どもいるんじゃなかった!」と言うと「日本人と結婚していたけど離婚して、今2度目の結婚の手続きしようとしているところ。子どもはタイにいる」「子どもは日本で生まれてタイに送ったの?タイ生まれ?」「タイ生まれ」てな、変則的な長い会話である。いつもは「今日は夕食お願い」「うん」「作れなかったら今のうちに作れないって言って、なんとかするから、できるの、できないの」「できる」でおしまい。

知り合いが捕まるのはよくあることなのに夫がいつになくショックを受けているのは、ちょうど彼女の結婚の話しで夫が相談にのっていたらしく、その話しをしようと店に入ろうとしている時に捕まったらしいのである。約束の時間になっても現われなくて、それ以来音信不通になっていたそうだ。「夜、ショッピングセンターの前を歩いている外国人に片っ端から警察がパスポートあるかって声かけている、以前はそうじゃなかったのに、厳しくなってる」と夫。それにしても白昼、何もしてない(かどうか正確には知らないが)のに狙われたのは、誰かが通報したんじゃないか。でも夫は「彼女は誰かとトラブルがある人じゃない」と言うし、私も知っているがなかなか常識的だし問題を起こすタイプではない。「これから彼女の夫になる予定だった日本人と話す」と夫は、家庭外に活躍の場を見出しているようでもある。昨日はタイ人女性の夫である日本人男性がガンで亡くなったということで葬式に行った。以前「夫が亡くなったら何か書類を書かせられて、後で相続放棄だと分かったがどうしたらいいか」と訴えているタイ人女性がいたけど、なんてことが気になる。「結婚手続き中なら弁護士を雇ったら?」「まだ届けは出してない」「じゃあ、雇っても無理かな」「それに彼女は前にも捕まっている」「ふうん、じゃあもっと無理だな。で、入国は正規?」「違う、不法入国」「…もっともっと無理か」。
Commented by jun at 2007-10-20 17:55 x
不法入国って、結構あるんでしょうか。
日本の警察もよく分からないし。
夫婦は日本人同士でも難しいです。
事業も家庭運営も。
酒もドラックも武器もコントロールが難しいですね。
外務・防衛官僚の軍需関連犯罪も現実ですしね。
赤福や亀田は可愛くさえ思えます。
明日あたりは山の紅葉が良さそうですが、雪の予報も。
紅葉と積雪のダブルを狙ったカメラマンが週末に押し寄せそうです。
お風邪など引かれませんよう。では。
Commented by kienlen at 2007-10-21 08:25
不法入国って結構なんてもんじゃなくてたくさんありますよ。理由は簡単で正規のビザが発給されないからですね。正規が無理ならアンダーな世界が発展するのはどの業界もおんなじですね。ヒューマントラフィッキングの組織が暗躍というわけです。タイ人はある意味で上客かもですね。junさんも風邪等お気をつけて。
by kienlen | 2007-10-19 11:02 | タイ人・外国人 | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30