きっと母親に共通の悩み

昨日は娘から何度も泣きながら電話があった。今の小学校って休日だらけ。先生の研修が多いせいもあるように見えるが、昨日もそうで、それを利用してか中学校の説明会や授業参観やら部活見学を行うという通知が来ていた。この通知はずっと前に来たもの。でも私の方はそれ以前に予定が入っていて、仕事関係をキャンセルするというわけにはいかない。ここはいつもジレンマなのだ。自営だからやれるという考えもあるだろうけど、自営の身になると、1回1回大切にする事が一番大切だから、今までも相手との約束の日程変更というのは、自分自身が突然入院した時しかやってないと思う。よって、いつものように「その日は無理だな」と、通知を持参した娘に言った。彼女は慣れたものだから「じゃあ、誰かにくっ付いて行く」と言っていた。つまり、参加の条件が「保護者同伴」なのである。参加は任意だが、参加したければ保護者同伴ってことだ。「小学校に入る時もそうだったもんね」と娘。そうそう、小学校入学準備の一つの身体検査は、近所の子のお母さんに頼んで、娘も一緒に連れて行ってもらった。覚えていたのか…子供の記憶を甘く見てはいけない。

娘はこの中学見学にやけにこだわっていて、何度も何度も「ママ、行けないんだよね」と言っていた。結局こういう時に毅然とできるかどうか、が仕事を続けられるかどうか、に直結していると思う。どっちがいいのかは本当に分からないけど、迷っていると双方が苦しい。しかし彼女は前日になって泣きながら「保護者じゃないとダメなんだよ」と言ってくる。それで、今までも経験あるが、友達に保護者役を頼む案を提示して合意。都合のつかない友達もいたが、受けてくれる友達もいて手配して、これでぬかりなし、と出かけたら出先に泣き声の電話である。「保護者じゃなとダメだから行かない。○さんに断ってくれ」と、依頼した人の名前を挙げる。父親がバイトに店を任せてついていく方法はあるのに拒否。朝の時点では「落ち着いて、気が変わらなかったらもう1度電話ちょうだい」となだめる。するとしばらくしてまた電話。「行かない」。しょうがないな。友達に断りの電話。娘が興味あったのは部活の見学だけだったんだから、それに保護者が同伴ってことはないし自分で行けば大丈夫って言ったけど頑としている。こうなると息子のいい加減さをありがたく感じたりするから勝手なものだな。もっとも娘にしたら別の意味合いで頑固になっているのかもしれないけど。
by kienlen | 2007-10-11 17:26 | 家族と子供の話題 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー