新聞の片隅の小さな記事から

仕事時間1時間のために3時間待つ。こんな仕事を受けるのはやめるべきかもしれない。潮時かもしれない。毎回そう思いつつ…。待ち時間に夕刊を見ていたら、交通事故で、一緒に乗っていたタイ人女性が1人死亡で1人重体、という小さな記事が目についた。反対車線に入って対向車とぶつかったらしい。身近にこういう事が起きる社会になっている。日本の苗字が書いてあることから、日本人の配偶者と思われる。年齢が22歳と23歳って、もしかして同じ村から一緒に嫁いだ知り合いか親戚かも、などと、ありがちなケースを想像してしまう。年齢から想像するに、もしかして来日間もないのかもしれない。だとしたら国際免許証かもしれない。だとしたら運転技術が極めて未熟な可能性もある。だって、タイでは日本のように教習所で厳しい訓練を積む、なんてことは全くなくて、極端に言えばろくに運転ができなくたって免許証の入手はできる。今は昔よりは厳しくなっているかもしれないが、できないことは多分ないだろう。

しかも、タイの道はほとんど平坦で、日本の道とは違う。飲酒運転は当たり前。このところ飲酒運転の取り締まりが厳しくなっているとは聞いているが、10年の間に完全にひっくり返るということは通常はないから、私がいた頃から逆算するに、いくら厳しくなったって、多分まだ普通になされていることだろう。彼女たちがそうだったんだろうと言いたいのじゃなくて、つまり、国境を挟んだ法律の適用の難しさについてなのだ。日本では運転免許証の信用度はまだ高いと思う。あれだけの時間とカネをかけてこそ取得できるもの、という意味で。でもそんな国ばかりではない。タイも違う。で、信用度の低い国内免許だって国際免許証にしてしまえば、期限内なら日本で運転する権利は生じる。日本語が読めずとも、標識の意味を知らずとも。国際免許を日本の免許に切り替えることもできる。この手続きは簡単とは言えないが、そんなに難しくもない。とにかくそういう諸々の条件下にある人々が道路を走っているのである。そういう世の中にとっくになっているのに、気付いてない人も多いみたい。ごくごく身近な話しなんだけど。
Commented by joji at 2007-09-28 09:23 x
こんにちはjojiです。ブログははじめまして。
昨日イスラム講義行きましたよ、と思って覗いてみたら、気になる話題ですね。
僕も運転免許は海外で取りましたが、やはり条件が違いすぎて怖いので運転してないです。標識の違いもありますが、歩道がある道路より歩道が無い道路の方が圧倒的に多いのが一番怖いです。
スリランカ人のAさんは、スリランカでは赤信号でも車が来てなければ走っちゃうけど、日本でうっかりそれをすると大問題なので怖くて運転できないと言ってました。
Commented by kienlen at 2007-09-28 10:15
おお、jojiさんじゃないですか!昨日のイスラム講義行きたくて優先順位上にしておいたのに、予定外に仕事、というか待ち時間が長引いてダメでした。残念。また内容教えて下さい。次回は行きたい。免許の件、いきなり身近に好例が…。事故の件は今日の新聞にあったので見たら、2人とも死亡。名前からすると男女各1名と思われます。
Commented by joji at 2007-10-01 09:07 x
今回のイスラム講義はなかなか面白かったですよ。(俗っぽいところが)
バッチリ頭に入ってるうちに、お話しに行きます。
Commented by kienlen at 2007-10-01 10:22
他の人からの情報から想像するに、在日イスラムの人の話しなんかもあったらしいですね。私の興味のテーマっぽい。聞きたいです!
Commented by ホヌホヌ at 2008-07-11 21:26 x
はじめまして☆この話共感できます。。。
友達(タイ人)がいい例です。国際免許を日本の免許に切り替えるのに、教習所で出される学科試験がたった10問!!それでもその10問に悪戦苦闘しています。。。^^;汗  今までのことを思うと・・・。
Commented by kienlen at 2008-07-12 23:52
ホヌホヌさん、初めまして。外免切り替えは「試験」と言ってはいけないのだそうです。確認なんだそうです。運転技術は身についているという建前を重視しないとならないわけですが、怪しいですよね、当然。
by kienlen | 2007-09-28 00:16 | タイ人・外国人 | Comments(6)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30