米原万里『発明マニア』やっと読了

今日ではなくて少し前に読み終えた。厚かったから結構時間がかかった。死の直前まで連載していた「サンデー毎日」のエッセイをまとめたもので、連載の終了も死亡も2006年5月になっている。1コマの風刺漫画みたいなイラストがついていて、これのサインがARAIYAYOになっていて、どう読んでも、アラ嫌よ、である。誰か知りたくてあとがきを先に読んだら、米原万里本人だってことを妹さんが明らかにしていた。どうりでエッセイの真髄を汲んでいるわけだ。たったひとつ気になったのは、私が友人だったこともある某氏の引用があることで、なんだかこれは興冷めだったが別問題なのでおいておく。タイトル通り、こんなモノがあったらいいなって発明を説明したもの。どれも面白いけど、私がすごく気になったのが「読書スタンド」である。寝て本を読むのが最も好きで、ベッドに入る楽しみは、睡眠そのものよりも入眠前の読書にあるから、通販の広告で頻繁に見かける商品が気になっていた。かといって買おうとまでは思わなかったのは、床暖房にしてから冬でも室内の温度が下がらないので、あの、寒さの中で布団から手を出して本を持つ辛さを味わわなくなってしまったからだ。

これを米原さんは取り上げている。彼女はそれを買った。ところが、手を出さなくていい快適さは認めるものの、寝ながら読書に際しての姿勢が一定でないことから、ほとんど使えないということが分かったそうだ。そういえば、私も本を持っては右向きになったり上向きになったり左向きになったりしているから、スタンドで固定されたら辛そうだ、ということに、このエッセイを読んで初めて気付いた。それで米原さんの発明は、変えた姿勢に従って本も移動できるように、頭の上をアーチ型にレールを走らせるもの。これはいいなあと思った。もっともこんなに実用的で日常使用のモノは少なくて、宇宙的規模の発明もあるし、政治的規模のはもちろん多い。特に、まだ現政権が誕生する前だったから、ブッシュのポチとしてのコイズミを批判したのが目立つ。その中でイラストのインパクトが強烈だったのが、ブッシュが糸を繰ってあやつるコイズミ人形が手品を披露するもの。ハトの上に布を被せて…ハイ、布を取ったらハトは消えていました…って。ストレートなのだが、ヘタウマなのかウマヘタなのか素人には判別しにくい絵の雰囲気が良くて仰向けから横向きになって大笑いしてしまった。
by kienlen | 2007-08-30 23:35 | 読み物類 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31