必要な事を要領良く伝える訓練を頼みます

昨日、娘との休日を楽しんでいる時に電話があった。私の携帯はもう10年近くも使っている古いもので、壊れないので替える必要も感じないのだが、さすがに聴こえにくくなっている気はする。日本語はなぜか「○○(所属)の□□(名前)です)」と言う順番なので○○部分が聞き取りにくいことが多い。□□部分が今進行中の件の名前だったから愛想良く「どうもおせわさまでーす」と答えてから何か違うなって感じになった。無意味な事、例えば「お手数ですが」「申しわけありませんが」とか言い訳がましい事を延々としゃべっている。これは公的機関である、と当たりをつけて聞いているとやはり公務員の方だった。個人差があるけから一概に言いたくないが、まどろっこしいことこの上ない人がたまあにいる。この人はその代表。「分かりました。全部分かりましたから、つまり私が何をすればいいかだけ手短にお願いします」と言ったのだが、なおさら「申しわけありません」が繰り返される。別に彼女が私に悪事を働いたわけじゃなくて、書類の手続きを少々誤って、先ごろ振り込んだ2000円程度のお金について、一旦返金手続き取って、新たに正確な金額を振り込むという連絡である。初めてこういう連絡をいただいた時は、自分には何の否もないのに、銀行に行って「お返しします」って意味の書類を提出することに驚いたが-しかも金額ときたら100円単位だったぞ、今回は千円単位であるが-今は学習してしまった。

それにしても、もっと何とかならないものなんだろか、という疑問はどうしてもある。そもそもこの仕事だかボランティアだか微妙なタスクなんか、同種の基準に比して「報酬」って呼べるほどじゃないんだから交通費じゃあダメなのかなあ。そうすればこんな面倒は起こらない…はず、今回に限っては。自分の仕事と重なるものについてボランティアは絶対にしない、という人は多いけど、私はその区別を自分なりの基準でするので、意義を感じたらボランティアでもやる。個人でそう考えていても広がりはないかもしれないけど、そういう共有認識を得られそうな内容の事だってあると思うし、この件はそれに値するような気がする。確証はないけど、試みる価値がある程度には。私は公務員じゃないから事情は分からないが、自分が担当ならそういう策を提案すると思う。というのは、人生は暇つぶしだと思っている自分としても、自分自身の暇つぶしならいいけど、得体の知らないモンのために時間を盗まれるのは嫌だ。だったらできる部分は合理化して、本読むなり向学に励むなり寝ていたい。でもそう考えては、これって社会性がないんだろうかって思ったりもする。それにしても何のための長電話だったか分かんない。短気のつもりはないのですが…。
Commented by jun at 2007-08-24 14:41 x
ご怒りごもっともです。
「郵便局はこれまで通りご利用いただけます」ていうCMも腹立ちますね。「サービスを向上します」って何故言えないのかと。
さて、昨日の写真のデザートは本当においしそうで、通いたくなりました。
 私は仕事に集中するため、ネットを使わなかったのでご無沙汰でした。
携帯といえば私も10年以上も前のツーカーを頑なに使っていたのですが最新機種が手数料も只で月額約¥2,100のプランが出たのでつい変えてしまいました。ワンセグもあるしマイクロSDカードで録画も出来るし面白いです。
反面、私は「自由」「脱ストレス」「節約」のために「携帯」「パソコン」「自動車」を極力使わない若しくは所有しない生活をしようとしています。却って贅沢?
という訳で、こちらのブログは今はたまにまとめて楽しませていただいております。
また現在読書中のものは幻冬社アウトロー文庫「カッシーノ」浅田次郎です。少し涼しくなった夜、寝転びながら世界のリゾート地のカジノを巡り各国の裏事情も行った気になって楽しんでいます。
家事を少しサボるのと子育て放棄の咎とで、いつカミさんから怒られるかとヒヤヒヤしながら。
Commented by kienlen at 2007-08-24 21:37
その3種を使わない生活ができるならきっと贅沢だと思います。私は一番使うのはパソコンです。それに何台も所有していて、これは贅沢か無駄か。携帯はそろそろ変えないとなって思いながらズルズル。タルトは美味しいです。電車で行って歩くのも猛暑が過ぎたら気持ちいいかも。夏限定なのでお早目に。
by kienlen | 2007-08-21 12:52 | 仕事関係 | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30