扇風機が欲しいと言われて、ないことに気付いた

事実上、息子と2人の夏休みである。テレビの前でゴロゴロしているのを見るのは実に気分が悪いが、教え諭すのは、そもそも自分に向いてないのだから、ますます面倒になってきた。それで最近の合言葉は「伝えるべきは伝えた。あとは自己責任ね」である。こっちが伝えたつもりになることと相手に伝わっているということは別問題であるから、ここで教育的配慮を放棄するのは親としての責任放棄のような気もするが、実のところ、それでいいや、と思えば楽なのである。そう思うには夏がいい。だいたいこの暑さの中で辛抱強くなるのは無理だし、しつこく何かするのも無理だし、生産的な活動に向いてないのである。そういえばタイにいる時は毎日こうだったし、周囲もそういう人が多いから、まあまあ余計な事は考えずにビールでも飲むか、つまみは激辛のヤムね、で日々は過ぎて行った。結局私はどこにも馴染むことができないので、それも馴染めずあれも馴染めずでグズグズしながら今日まで来ているわけだが、それもそれである。と思って息子を別の視点から見ると、楽な子ではないか。深く考えるタイプじゃないから落ち込まない。だいたいがご機嫌である。鼻歌歌って口笛吹いている。今日の楽天のしっぺ返しは将来に何倍にも膨らんでやってくると思っている私などは見るのも恐ろしいが、それもそれ、とまじないを唱える。それもそれ、それもそれ、それもそれ。

食べるものは自分で作れるから、そんなに手はかからない。こっちが自分で作りたい気分の時は作ると時間に関係なく食べてくれるから便利。だらしないのが困るが、見ないでおけばいいのだ。それに今日などは、さすがに毎日退屈しているのか、自分の部屋の掃除を始めた。しかし彼の部屋は3階にあって、その暑さは半端ではない。ちょっとやると下りて来てスイカを食べたり、水浴びしては上がって行く。暑い暑いを連発してうるさい娘に対し、息子が暑さに不満を言うことはない。それでもさすがに「1階や2階はまだマシだよ。3階はサウナだよ。昨日なんか、暑い暑いと思って寝ていたら汗びっしょりかいた」とか言っている。「よくそれでも眠れるよね」と感心すると「暑い暑い以外は考えないようにすると眠れる」そうだ。なるほどの知恵。そのうちに「扇風機欲しい」と言い出した。ええ!キミは、天井扇の届かない場所を部屋にしてから、扇風機もなしに3階にいたのか。知らなかった。エアコンつけろなどと言い出したら、ここぞとばかりに文句を言ってやるところだが、扇風機くらいの望みを拒否するわけにはいくまい。しかし南国生まれとはいえ、あそこで扇風機もなしに過ごしていたとは、なかなかの鈍感力。人間、欠点ばかりじゃないのだな。
Commented by こんにちは♪ at 2007-08-14 16:05 x
こんにちは♪
お気に入りのものがありましたら、とっても嬉しいです。
よろしくね( ^-^)ノ(* ^-^)

http://www.bbbcc.net/?ji
by kienlen | 2007-08-14 15:58 | 家族と子供の話題 | Comments(1)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る