異文化体験のために払う費用で目覚める

少し前に地方新聞で「オーストラリアで日本語教師のアシスタントのボランティアの説明会開催」というお知らせを見つけて申し込んだ。参加無料だったし、どういう仕組みなんだろうって興味と、もし格安の費用だったら興味あるなってのとで。なんといっても今はあらゆる面で行き詰まりを感じているから、環境を変えたいというか逃避願望がいつもある。で、今日が当日で出かけた。参加者はほんの7-8人。主催はNPO法人で15年ほどの実績がある。オーストラリアというのは日本語学習に対する関心が高くて、大学入試の外国語選択では日本語での受験者が最も多いそうだ。ふうん、知らなかった。それにオーストラリアの学校が4学期制というのも知らなかった。かように日本語教育が盛んであるから日本語の授業は多くの学校で導入されていて、日本も税金使ってオーストラリア人日本語教師の養成には熱心、なのだそうだ。だからアシスタントの需要もあって、ボランティア派遣の事業をしているのがこのNPO法人。31歳までだと堂々とアシスタントとしてのビザが取れるので問題ないが、それ以上になるとビザカテゴリーはあくまで観光で、文化的なボランティアもするという名目で活動が認められるそうだ。

1学期単位だから10週間が基本。特に近年は若者よりシニア世代の参加が多くなっているということ。本日の参加者も大方がシニア。で、ホームステイの費用は抜きで、自己負担が約65万円~ってこと。よって滞在費含めたら100万は超えるだろう。ここまでだと自分の場合、経済面において一考の余地もない。目的はほとんど異文化体験で、その受益者は参加者であるから受益者負担の考えに沿っているという趣旨には何の異存もないけど、この説明会を聞いていて自分のバカさ加減に呆れることができたのは収穫だった。シニアってのは、つまり一般的には余裕がある世代ってイメージだろう。私はシニアでありながらまだ子育ての真っ最中でろくな仕事もなく貧乏なのである。それでいてこんな説明会に来ている。息子をバカ呼ばわりしていることを強く反省する。それは私だ。異文化体験なんぞ、毎日しているぞ、子供も異文化、夫も異文化、日本社会も異文化、異文化には不自由してないぞ。帰りに夫の店に寄ろうと思って足を踏み入れたら3人のタイ人スタッフと1人のタイ人のお客さんがカウンターに並んでいて異文化だったのでそのまま帰った。やっぱ、全然不自由してない、といより、この異文化が悩みなのだと目が覚めて家に帰り、子供達に優しく接して平和な夜を過ごした。
by kienlen | 2007-07-16 22:21 | 家族と子供の話題 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る