ヤキソバ食べてがんばったが予定変更

朝は少し残っていた仕事をした。息子が「ヤキソバ作るけど食べるか」と聞くから、残りご飯を食べない事に腹がたって「残りご飯食べるからいい」と断ると「それも入れるから」と言うので頼んだ。しばらくして仕事机に彼がこれを届けてくれた。
f0104169_1484091.jpg

ヤキソバの中に残りご飯が少し入ってる。私はこういう食べ物は好きじゃないのだが、人が作ってくれるのはありがたいし、何も食べてなくて空腹だったからいただいた。しかもケータリングサービス付きなのでパソコンの前でガツガツ。野菜の切り方とかもいい感じだし、さっきキッチンの音がうるさかったのは肉をたたく音だったのか、これもいい感じで入っている。それに美味しいのである。毎日作ってくれるとなおさらいいのだが、ま、贅沢は言えない。それに彼の問題は片付けをしない事で、汚いキッチンを見ると文句言いたくなるが、これも我慢。あまり言って作ることそのものをしなくなる方が困るからな。何を我慢して何を言うかの切り替えスイッチで脳が詰まりそうなのが親というものである。おかげで他に使う分の脳みそが減っている感じだ。それもお前のせいだぞ、息子。

韓国の舞踊のチケットを友人から2枚もらってあって、午後はそれに行かねば、と思っていたがどうしても気が進まない。会場も遠い。娘を連れて行こうと思っていたのに実家に行ってしまった。それでミスマッチは知りつつ友達に電話。「韓国の踊りのチケットあるんだけど、行かない?」「全然興味ない。チマチョゴリも好きじゃないし」「それは分かるけど、3000円もするのもらったんだし、もしかして韓国舞踊用のステージの絵を描いてくれって仕事がきた時に役立つでしょ」と説得を試みるが彼女は迷うことなく「その仕事断る」とまで言うのでどうしようもない。「ほら、Mさんだったらチマチョゴリ似合いそうでしょ、誘ってみれば」というご提案付きだ。そもそも韓国の出し物とチマチョゴリの関係も知らないっていうのに、ステレオタイプ会話もいいところだ。脈ナシなのでMさんに電話した。事情を話して誘ったら、今日は仕事でダメだったが「明日ご飯食べに行こうよ。稼いだから」と言う。彼女はこの間も、あんまり暗い私に「ま、飲みにでも行こうよ」と言うから「景気いいじゃん」と言うと「パチンコで稼ぐから連れて行く」と言う。それで私は周辺に「Mさんがパチンコで稼いで私を飲みに連れて行く」と言いふらした。でもその日は「すっちゃった」で実現せず、まるで私まで嘘つき状態。その後、再挑戦で儲かったんだそうだ。パチンコの技がある人はいいなあ。パチンコの腕を今から磨く自信なし、ううう、腕のいい人に頼る道しかないか。話がそれたけど、そんな話をしているうちに時間が過ぎてしまったので読書にする。
Commented by ワイン at 2007-07-16 07:06 x
肉を叩いて切って焼く高校生がどのくらいいるでしょう。私もそんな素敵な息子がいたら、人生が変わっていたと思います。本当に羨ましい。
Commented by kienlen at 2007-07-16 21:40
こういう息子いたら人生変わってます、絶対です。私の人生も変わりました。素敵だったらここまでストレスたまらないんですが、こればかりはしょうがないです。自分以外って自分じゃないんですよねえ。
by kienlen | 2007-07-15 14:30 | その他雑感 | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31