少し前向きな気分に転換できるかって日

昨日も今日も呑気にダラダラと過ごした。今日は、ビジュアル系の仕事をしている友人を誘って美術館に行こうと思ったのだが断られ、ランチだけ共にすることになった。彼女は私に会うのが嫌だったらしい。ここ数日の日記から落ち込み方が病的じゃないかと思ったらしく面と向かって「もうヤダかも」と言われた。つまり友達付き合いはできないって意味だ。よく困った時こその友だと言うが、相手が困っている時に徹底的に逃げるのも友のあり様としてはアリかもしれない。しかしその時は私がかなり回復していたからフツウに話した。仕事になる可能性があるかもしれない、と思われる電話が入る。それから小さな仕事の電話が入る。それから、学会に入会の件で所属がないからダメかなって問い合わせしていた件も、職業を書いとけばいいかも、ってことになったので一応申し込んでみるつもりだ。こういうアドバイスをしてくれるのも友であり、ありがたいことだと思う。私もよく人から「あの時ああ言ってもらったおかげであれしたから今があります」みたいな言い方をされることがあって、そんな事言ったかな、と当人は忘れているのだが、その時の状況と合致する言葉というのは心に残るものなのだろう。そういう人間関係がある限り生きられるかも、と思ったりもする。

そんな事を考えながら、高価だから一瞬はためらったがやっぱ必読だよなと思いなおしてアマゾンで注文した『顔の見えない定住化-日系ブラジル人と国家・市場・移民ネットワーク』を少し読み進める。4200円+税金だから汚さないように慎重に。それでこれは出だしから「大当たり!」と叫びそうなくらいに興奮するものだったが、期待を裏切らない内容だ。「いい本だよね」と博士課程にいる友達に話したら「理論があるからね」と言われたが、その通りで、楽しみに読むことにする。ただ今週は集中できる時間はないだろう。まだ期間はあるけど手元で温めておきたくないのを片付けたい。来週早々に某大学で1コマだけ話すのだが、毎年同じじゃ自分がつまらないから今年は国際結婚について話そうかと思ってパワーポイントで資料を作る。こういう慣れない事をするのは時間がかかる。ただ、夫を同伴して彼へのインタビューをメインにするつもりなので実は資料より、夫婦関係を平常に保つように努める方が大切である。もっともこれに関しては、彼はかなりの安定型なので、ひたすら私の自己管理の問題である。
by kienlen | 2007-06-25 19:00 | 仕事関係 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31