色濃い生活の名残り

f0104169_212167.jpg車で30分ばかりの場所にある実家に行った。味噌蔵の写真を撮る必要があったのだ。私が小学校3年の時まで味噌は完全自給だった。それをこの巨大な樽に入れて保存していた、というのを私自身は記憶していないが、大豆を煮る匂いとか、つぶれた大豆が機械からニョロニョロ出てくる様子は身体のどこかに染み付いている気がする。もう何十年も使われていない樽ではあるが、まだ充分使用には耐えそうな佇まいで存在感たっぷりだ。味噌造り、やってみたいな。聞くところによると、しょうゆよりは簡単らしい。しかし、である。大豆を買うんじゃあ物足りない。大豆を栽培しないとお話しにならない。そうなるとなかなか簡単にいきそうにない。それで思うのだが、自分のように自家栽培作物から自家製調味料が当然という環境にあったことが、逆に気軽な手造りの阻害要因になっているような気がしないでもない。

それにしても、あそこまでの生活でなくても、もうちょっとなんとかしたいものだ、という気持ちはじょじょに強くなる。自分達が食べるだけの作物作りを多くの人がやれば、物々交換で多彩になるだろうし、食材があれば漬物やら自家製調味料や保存食はできる。ただし、ここで大問題。こんな家では置き場所がない。今日も母の手製の漬物を何種類かカメでもらってきたが、ウチのような小型モダン住宅では涼しく保存できるスペースがない。家作りの時の失敗か。いや、こんな市街地には似合わない。長期保存ができそうにないから友達におすそ分けすることにする。それにしても、この樽といい、その他大きな釜といい、利用方法はないものだろうか。このまま朽ちるんじゃあもったいない。また考える材料はできたけど、どうもモノにするのは難しい。
by kienlen | 2007-05-31 21:36 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー