晴れているのは天気だけ

友達から電話があって「お昼どうする?」と言われて、いつもならそれはどこで食べるかって意味を汲んで答えるところだが、さすがにもうここまで仕事がないと経済不安がますます募る。「仕事なくてお金ないから外食しない」と言うとコーヒーだけ飲みに来た。そして結局夫の店に行くことになった。パカナ炒めご飯に唐辛子を多めに入れてもらって辛くしたせいか、食欲が刺激されて食後に空腹になった。夫が「クメール人から電話があった」と言う。「入管だったの?警察?」と聞くと「入管と警察の両方」との答え。しかし電話できるということは警察であるわけがなく、入管送りになったのだ。ということはたいした面倒もなく帰国できるということだ。新聞の片隅にも載っていたが、2日前にまた大掛かりな摘発があってタイ人も何人か捕まって、その中に通称クメール人も含まれていたというわけだ。タイ人なのだが、いろいろな国に行っていていろいろな国の言葉ができて、カンボジアにもいてクメール語もできる。料理が上手で山で何か調達してきては作っていた。いなくなると寂しいが、命がなくなるのとは違うから、笑ってすませられると言えば言える。

夕方、友達の家に遊びに行っていた娘が戻ってきていきなり「誰か死んだんでしょ」と言う。今この瞬間にも死んでいる人はいると思うが、ニュースになる人はごく一部。農水相の自殺のことに違いない。ご飯食べながらNHKのニュースを見た。自殺者が4万人近いとか言われていて、みんなそれなりに事情はあるのだろうが、注目度ではその他3万人以上分を凌駕している。インタビューされた自民党の誰かが「ネットワークを駆使して日本のためにまさに奔走していました」と、それが何か特別なことででもあるかのように答えていた。日本のために奔走するって大臣として当然の仕事じゃないのかな。それとも何か、特に言及する必要があるほどの特別な日本人のためなんだろうか。死ねばまた事の次第も真相も闇の中なのだ。それはもしかして一部の人のためにはなるかもしれない。まさか、それをもって日本人のためとか言っているわけじゃないよな。年金記録の不備及び説明責任の欠如で遺族年金の支払い拒否なんてこともないだろうし、いいな。今日は天気は良かったが、気分はすぐれない日だ。何もかも理不尽であることに、たまには怒りたくなることもある。
by kienlen | 2007-05-28 20:52 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30