逆に元気が出ているように見える夫

コックさんの逃走について入管に提出するレポートを書いた。夫の店でビザを取っているので放置しておくわけにもいかず入管に行ったら「経緯と店での状況、気付いた事を文書で送付」と言われたそうだ。それで私が書いた。日付を見たら、計算したようにちょうど5か月目でいなくなっていて、ビザの残りは丸7か月ある。ただ店は料理も上手なタイ人女性を雇うことで合意したとのことで、ひとまず安心というところ。彼女は暇をもてあまして毎日のように店に来てビールを飲んでいたから、その印象の方が強いが、とてもよく働いてくれているように見える。皿洗いもすれば料理の手伝いもすれば、日本語もまあできるので接客もできる。このような綱渡りがいつまで続くかは分からないけど、その他のタイ人女性達もよく出入りして、アレコレ世話を焼いているようだ。「男はダメだね」とか言いながら。夫も来日からちょうど11年。オリジナルな人間関係を築いているようだ。

そのひとつが今年から始めるという米作りだ。前から水田をやりたいとは言っていたが、地主が亡くなって放置されそうな水田を借りることになったという。彼は米農家の出身なので稲作はお手の物。私の方は水のない土地の百姓の家だから米は全然ダメ。ただ、美味しい自家栽培米が食べられるのは今から楽しみだ。彼は早速今日から整地などの準備に朝から出かけた。モチ米も作るそうだ。彼の出身地のタイ東北地方はモチ米が主食。私もタイのモチ米は好きだが日本のは重たいので苦手。「モチ米作って何にするのよ」と聞いたら、小さなモチを作りたいそうだ。理想的にはタイの野菜も作ることなのだが、米より野菜の方が世話が要るから近所じゃないとやりきれない。今日はいい天気で昼間はウキウキした気分だったが、夜になって元気を失っている。だから自分の事から目を逸らしたくて人の事を書くことにした。
Commented by IPPO at 2007-04-21 19:32 x
こんにちは。和やかな日記に心しみます。
ありがとうございました。
by kienlen | 2007-04-20 21:57 | タイ人・外国人 | Comments(1)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31