おお、久々に大ヒットの出来事

つつがなく過ぎるはずの日だった。仕事はないし、子供達は学校だし、夏に外部講師として1回話す予定の大学に午後から行って別の外部講師の人のを聴講してから、編集を手伝った報告書を受け取りついでにちょっと先生と話して帰って食事作って食べて、ちょっとビール飲んで…というのが予定だった。とんでもないどんでん返しが待っていたのは、お昼を食べに夫の店に行った時だ。ちょっとヘンだな、とは思った。いつも出しているランチ営業用の看板が踊り場に置きっ放し。何食べようかと入ったら「コックさんがいなくなった」と夫。連絡もつかないし、アパートのカギはかかっているから様子が分からない。「いつから連絡つかないの」と聞くと「昨日から」と夫。日曜日は定休日だが、タイ人達でお花見をして、その流れでもっと食べたいということで夜に店を開けたのだが、その時も来なかったようだ。こういう事態は店をやっている限り想定内のはずなのだが、今回は迂闊だった、想定してなかった。

というのは、やっとここまできたって安堵感が勝っていたからだ。最初のコックさんはビザの更新をしなくて切らしているところを突然摘発された。その当日、団体の予約があって、まだ小さかった子供を友人宅に預けて私が手伝いに行って夫が料理してギリギリ乗り切った。ただ摘発の噂は即伝わって夫の電話は鳴りっぱなし。自分を雇ってくれとの売り込みだ。しかし問題はアレである。アレがない人ばっかり。しかしどうしようもないからそのまま続けている時のストレスといったらなかった。いつ家族崩壊になるかの不安。やっといい人を探してタイから連れて来てまだ半年にもなってない。とにかく今度は堂々と宣伝もできるわけだし、そうなれば私が失業してもなんとかやっていけるかも、と甘いことを考えていた矢先である。人生そうそううまくいかないわけね、と不遇続きの友人と別の店でランチしながら笑ってしまったが、さすがにショックはあって、そのランチで食べたいものがあったが300円高かったので節約して安いのにした。大家さんから合鍵をもらってアパートに行く時、夫は「おばけがいると嫌だから」とタイ人を誘って行った。部屋で冷たくなっている可能性はもちろんある。が、幸いそうではなくて案の定、荷物をまとめて出て行ったようだ。幸運を祈る、とはいえ、こっちはどうなるんだ。
Commented by jun at 2007-04-16 20:53 x
お久しぶりです。パソコンが壊れて、オープンしたてのネットカフェで、メールチェックやらしています。私は壊れたのがパソコンで済んでいる、などとジョークを飛ばしていいのやら、コメントに苦慮しますが、動揺しながらも読ませていただいております。
ついでに近作川柳も。
 「栄養費 食べて太った 松坂牛(君)」
失礼しました。
Commented by kienlen at 2007-04-16 22:35
何事もジョークにしないとめげちゃいますから、どんどん飛ばしましょう。パソコン壊れるのも重大です。松坂川柳は松坂さんですか。あんまり詳しくないんで深読みできずにすみません。
by kienlen | 2007-04-16 17:52 | 仕事関係 | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る