本日の行動についてまだ迷っている

今朝は久々に起床時刻にふさわしい時刻に起きることができた。しかも、どっかにいっていたエネルギーが戻ってきてくれたようで、コイツまだ使える、となんだかほっとした。今からへばっているわけにもいかないが、ああもうダメだ、と思う時も頻繁にある。それでいつも、後者の方が勝るようになったらどうしたらいいんだと不安に思っている。結局自分にとっては仕事なのである。今日は午後から1本入っているから、朝からしゃんとしたようだ。しかしこのところの暇にまかせてタイ語の勉強をしていたら楽しくてしょうがない。この調子でやったら5年後に本の翻訳でもできるかも…とか、耳が先だったから苦手な読み書きを克服できれば大学とか大学院とかで体系的にやってみたいが7年後は可能かも…とか、いつものような妄想を膨らませて1人ニタニタしていた。でもそのためには仕事なんかしてられない。中断すると勘が鈍るんだ。「このまま仕事しなくて良ければ閉じこもって勉強だけしていればいいのになあ、それもいいかなあああ」と、昨日遊びに来た友達に言ったら「そのうち飽きて出かけたくなるよ」と言われたが、それはそれでもっともである。

今夜は、某要職を降りた友人が世界1周の旅に出る前の送別会があって、出席するかどうか今も迷っている。火曜日の夜は店番と決めていて「火曜日は必ずいます」と言いふらしている。それで来てくれる人もいるので留守にするのは自分の気にそぐわない。が、親しい友人であるのであっちも行きたい。近くならちょっと顔を出すってことができるけど、ちょっとした旅くらいの時間がかかるから、帰りは深夜だ。それで、午後の微妙な時間に入っている仕事が長引いて普通電車に間に合わなかったら送別会は諦めようと思っている。つまり成り行き任せにしてみるということだ。間に合ったら店の方は、念のために頼んである夫に予定通りに行ってもらう。私の身代わりということでは友人にアルバイトで頼みたいところだが、コックさんが日本語を全く解さないので注文の品さえ間違える危険があるし、何かの時の対応ができない。迷う時は成り行き優先という、これまでの方針を本日も行動指針にしておこう。
by kienlen | 2007-04-03 11:51 | 仕事関係 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー