突然あいたから深夜に友人呼び寄せ

昨日の予定ではまだ寝ているつもりだった。トクした気分。昨夜は息子に「徹夜になるかもしれないから、朝は起きない。朝食は適当にやってくれ」と言い、夜になってからコーヒーを何杯も飲み、珍しく受験生なみに夜食まで食べた。夕方「飲みに行こうよ」とかかってきた電話にも「今日はどうしてもやらないといけないのがあって」と断った。のに、夜食を消化しないうちに、コーヒーの効果がびんびんに持続している時に仕事は片付いてしまった。深夜の12時を過ぎて中年女が中年男に「さっきの飲み会のお誘いですけど、今からでもいいですか」と電話するのも礼儀に反する気がするが、しかし目は冴え、手持ちぶたさで、ひとりの友人にメールした。「突然あいたけど、今日来る?」と。バンコク在住時からの男友達で、東京出稼ぎ中だが、タイ人の妻の手術のため急遽一時帰国して、つい最近日本に戻ったと連絡があった。自分が暇な時に「遊びにおいで」と何度も誘っていたら、やっと「行きたい」と連絡があった時には、こっちの暇がなくなっていた。それで昨日の昼間に電話で話し合って延期しようってことになっていた。何もかも当方の都合である。

すぐに電話があった。仕事量は少ない。その少ない仕事は、定期的なものはわずかで、後は「明日お願い」とか極端な場合は「これからいいですか」みたいなのもある。いずれも細切れの小さい仕事で金額も小さいが、だからといってそれを断っていたら何もなくなる。結局今の自分にとってその積み重ねが仕事だから、こっちを優先させないわけにいかない。よって、忙しいわけではない、でも予定は立てにくい、という、なかなか説明しがたい状況にあるわけだ。「うーん」と考えていると「忙しいんだねえ」と言われるが、そういうわけじゃなく、単にうーんなだけ。こういう説明はおいといて、彼には「昼間はああいったけど突然大丈夫になったんだよねえ」と遠慮がちに言う。つまり来週に延期して必ず守れるかどうかが分からないから、私にとっては突然の決断が最も好都合。彼は考えていた、というか、結構相手任せなんだな。タイ人と結婚している男性にありがち。ちなみにタイ人と結婚している女性はその逆がありがち、と私は勝手に見ている。ネットで調べながら高速バスの時刻を知らせ「10分くらい考えてからメールで返事しといて」ということで深夜の電話を終えたら「じゃあ、行きます」って返事が入っていた。だから今日の午後からは遊びに行く予定だ。
by kienlen | 2007-02-12 10:35 | 仕事関係 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー