内職で生計を立てるのは無理そうだ

子供の頃の将来の夢のひとつは、内職で生計をたてるということだった。造花作りとか、できれば手先を使う作業がいいと思っていた。しかしこういう内職はもう聞かなくなってしまった。でも今、在宅ワークをしている時は、一部は叶っているのかな、と思いながらやっている。でも、何かちょっと質が違うような気もするが、今回は初めて内職らしい内職を受注した。テープ起こしだ。もちろん、テープ起こし自体は何度か経験しているが、それは会社に勤めていてその必要があったり、自分の仕事の一環でその必要があったり、あるいは無報酬でお手伝いしただけで、テープ起こし作業そのものが報酬の対象になるというのは初めてのことだ。よく新聞広告にこういう内職の案内広告があるが、なるほど、これか。こういう仕事って時給がどの程度になるんだろう。外のバイトで800円程度だから、これ以上だとお得感があるが、どうなんだろう。まだ分からない。

打ち合わせの時に「やっていただけるなら毎年ありますよ」と言われた。それから毎月とはいえないが、別のもたまにあるという。「テープ起こしって好きです。頭使わなくていいからなごみますよね」と答えた。それで数本預かってきてやっているのだが、それなりに問題はある。頭使わない割には長時間やっていると、なぜか疲れる。どこも使ってない気がするから、疲れソンの気分。それから、人間関係の広がりが全く期待できない。これは内職の宿命か。頭使わないから音楽聴きながらやりたいと思っても不可能。手作業だったら、音楽やラジオ聴いたり、人と話しながらでもできるのに、いずれも無理だ。つまり、ながら作業ができないって、副産物がないということになる。もっとも知らない分野のことを聞きかじることができるという副産物はあるかもしれないが、そこまで面白いのではないと、これはかなり負担を強いられる仕事かも。で、もっとよく考えると耳も目も手も使うから、疲労するわけだ。集中しないとならないし。連日これをしていたら日記のネタも気力も確実になくなる。
Commented by jun at 2007-02-10 09:19 x
テープ起こしって大変ですよね。私は自主的にやったことがありますが、意義を見出せたり、面白くなかったら時給ではとても無理と思いましたが本や雑誌のようにバカ売れしたrた面白いですね。関係ないですが、映画の字幕の翻訳も大変でしょうが面白そうです。風間稜平という大学の後輩が翻訳家をやっています。私は「エイリアス」というドラマにはまっていますが。

また私は誰かに、地元の県会議員の政務調査費を書き出す、「内職」を依頼したいです。
10日の朝日一面に都道府県別の公開度が出ていましたが、長野県は一応「公開」ですが、裏があり、コピーは出来ないと聞きました。
やっぱ、ヤバイ仕事かも。
私も自営なので、内職みたいなものです。朝から自分で好きなコーヒー飲みながら、仕事ができるのがいいとこるですかね。また、言われるようにやはり人の出入りも大事ですよね。(実感)
お互い頑張りましょう。
関連して自分のことが多くすみません。
Commented by kienlen at 2007-02-10 21:38
内職のご用命がありましたらお願いします。テープ起こしの時給は微妙ですね。内容にもよるし話し方にもよるし、あくまで内職の賃金だ。翻訳家という職業はいいですね。好きな要素が詰まってます。はい、がんばりましょう。
by kienlen | 2007-02-09 21:16 | 仕事関係 | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31