南アジア出身男性に惹かれていく様

『ヘンだよニッポン人-外国人労働者のつぶやき』という本を読んだ。友達の事務所に寄ったら「著者が訪ねてきてくれたから」と貸してくれたものだ。素直な描写に好感をもったし、共感できる部分も多くて面白い本だった。ただ、このタイトルと副タイトルと、帯の一文からは「人権侵害と差別にさらされている外国人労働者」というステレオタイプ的なメッセージしか感じられなくて残念。内容は、何かを糾弾するものでもなく、日常の中での交流から感じたことを率直に書いているのだから、私が編集者だったらそっち側からアピールしたいと思うところだ。それから、なんだか、著者の秋草調子さんの、ここに登場するバングラデシュ、インド、パキスタンからの出稼ぎ労働者である若者達への好奇心、まなざし、優しさに羨ましさを感じたりもした。発行が1994年。つまり外国人労働者の流入が激増した90年代初頭の空気を強烈に感じるが、残念ながら自分はこの当時は日本にいなくて、帰国した時には沈静化に向かっている頃だった。それでも、まだ名残りが充分にあって、似たような状況のタイ人版を私も見てきたことになる。

著者の日常に外国人の影があったわけではなくて、偶然この南アジア出身の若者達との付き合いが始まり、自分を母と位置づけ、次第にその交流にのめりこんで行く様が興味深い。母のように心配し、母のように面倒をみて、彼らには母のように慕われる。多分彼らが相当に魅力的な人物なのだろう。実際、こんなに素晴らしい人がいるんですか、いそうな気もするし…みたいな男性が登場するし、総じて実に魅力的だ。タイ人と違うなあ、という問題なのか、あるいは、言葉が日本語のみだし、彼らの背景を知らないことが幸いしているのかもしれない。例えば自分がタイの人に会うと、ある程度までは想像がついてしまうのだ。家族は、家の形態は、周辺の様子は、人間関係は…。ところがそういう事が暗闇の中だと、真っ黒な背景色の前にくっきり人物が浮かび上がるような具合に見えやすいのかな、という気がしないでもない。南アジア出身の男性達とタイ人男性の大きな違いは、日本人女性との付き合いの機会が前者に多いということ。人口の割に、出稼ぎという状況下でのタイ人男性と日本人女性のカップルは少ない。要因はいろいろ考えられる。タイ人女性が先行して入ってきているから同胞で間に合う。南アジアの人の方が故国での階層が上とか、容姿とか文化とか言語能力とか。おお、タイ人を不憫に感じたりして、私もこの著者同様にもしや愛情深いのかもしれないな。
by kienlen | 2007-01-31 23:32 | 読み物類 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30