掃除を終えて店に行ったら…

あと1日で今年も終わるという日は、昨日に引き続き掃除を続けた。やっときれいになった、といっても客観的にはそう違わない。なにしろ隠す場所がないのだから同じだけのモノが同じように見えている。単なる自己満足の割には疲れた。それに2日間1歩も外に出ていないからウサギのエサもないし、買い物も少ししなければで、夜は出て、そのまま夫の店に行った。頭がフラフラする、働きすぎかと思ってよく考えたら朝からちょっとしか食べてない。何かに集中していると食欲は失せるものだが、今日もそうだった。全く食べないわけにいかないから少し口に入れた程度。カウンターに座ったら夫が自動的にビールのグラスを置いたから飲み始めて、ここまで空腹だとマズイなと思ったら、案の定、1杯飲んだだけで具合が悪くなった。カーオ・トム(おかゆ)とシーフードのヤム(サラダ)を酸味を強くしてもらって食べた。美味しかった。と、タイ人女性が深刻な顔で入ってきた。

夫と、書類を挟んで話している。先日、私もその書類を見た。つまり彼女は日本人男性の借金の保証人になってしまったのである。今日、2人が話しているのを聞いていたら、どうやら酔ったついでに引き受けたらしい。ワレにかえってとんでもないことをしたと思ったら、自分が聞いていた金額より多い金額が記載されたハガキまで送られてきた。先日は、なんとか助けてくれと来たのだが、助けようないから、とにかく降りさせてくれって直接話して、ダメなら弁護士雇うしかないでしょ、その時は知り合いの弁護士紹介するから、と言ったところだ。その時は夫に相談する勇気もないと言っていたが、さすがに今日は話した後だった。目鼻のきく日本人ならこういうこともするのだと感心することは時々あるが、しかし、それにしても意味も分らない書類にサインするってどういうことなんだ、しかも、恋人とか親しい人ならともかくたいした知り合いでもない。何か好条件でも提示されたのだろうか。とにかく困っている人に根掘り葉掘り聞けないから黙っていたが、実は私もこういう事態を恐れていて、夫には常々、自分で責任を取れない範囲のことはしないでくれと言っている。彼女は「不安で不安でここ2か月で9キロ痩せた」と深刻な顔で店を出て行った。
by kienlen | 2006-12-30 23:16 | タイ人・外国人 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31