大掃除の真っ最中

朝、雪が積もっていたのを新聞取るためにドアを開けた時に見たが、その後は閉じこもって掃除を始めた。日常的な掃除が苦手なので毎年、年末年始は掃除にあけくれることになる。今年は大工仕事がないだけまだマシ。昨年は電気ドリルを駆使して棚を作っていて腕が痛くなった。それに家具の購入も終わっているから、出かける必要がない。日常的な掃除がなぜ嫌いかというと、同じところに同じものを戻すのがつまらないからだ。それで大掃除はいろいろなモノを動かす。それで、自分が何を所有しているか分る。モノを持ちたくないと思っているのに増える。よく訪れる人に「モノが多い」と言われるが、それが何でか分らない。飾り物は興味ないし、使わないモノをとっておく習慣もないし、不要になると捨てることをためらうタチでもない。それなのにいろいろあるように見える大きな原因は、収納場所が全然ないからだろうと思う。収納するようなモノは要らないと思っているので作らなかった。だから全部外に出ている。こういう家を日常的な片付けが苦手な人が作るべきではないのだろう、きっと。

それにしても、本は処分してもいいかもしれないし、洋服やバッグは多すぎるかもしれない。突然死んだら処分する人が面倒だろうし。でも、もしかしたらあと数十年生きるかもしれない、と思うとどれも使う可能性に満ちている。この不確実性をどうマネージメントするかが生きるということなんだろうな、とメチャクチャになった部屋で途方にくれている。夫が夕方一時帰宅して「今日は店に来ないのか」と聞いていた。娘が里帰りしているのでリラックスできる。昨夜も店で飲んでいた。誘惑にまけて今夜も行くか、我慢して続けるかで明日の気分に天と地のような差がつくことは予想できるが、決めかねている。
Commented by tate at 2006-12-29 21:28 x
うちも物が多いです。息子のせいです。いちいち彼に「捨てていいか」お伺いを立てます。自分は中学の頃大事なものは自分の部屋に置いたものでした。でも、息子は居間にあきらかに大事なものを置きます。自分と親との間に、私が持っていたほど「高い壁」がないことに戸惑う未熟な親です。息子が障害を持っていることを差し引いてもおつりがきます。
Commented by kienlen at 2006-12-30 18:13
子供がいなければ片付けの労力は100分の1くらいだろうと思います。ウチは娘が私の部屋で紙切ったりの細かい事をするのと、いろんな極小モノを作ってはプレゼントしてくれるので、それをどう整理していいか困ります。それから石拾いが趣味で、たまっているので処分したいと思っています。石を拾いすぎて重たくて持ち帰りが困るらしいです。それ、持ち込まないで欲しい。
by kienlen | 2006-12-29 19:00 | その他雑感 | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30