まず片付けるべきことをした

朝、娘の「雪積もっているよ」という声で起された。タイとの気候のギャップもあんまりだ。あの日差しがなつかしい。この気候の中で性格暗くならない方が難しい。タイとの関係でクリアできるところを片付けないと切り替えられない感じだから、今日は朝一番で会社に電話して午後報告にうかがう約束にする。個人的にもひじょうにお世話になった感のある弁護士一家には、日本のインスタント食品を見繕って送ることにしたのだが、送料が4000円だと知って怯んでしまって一旦引き上げたのだが、解決すべきことはしたくて夕方になって決心して送る。タイへの一行6人のうちでダウンしなかった大人は私だけだったと分かった。全員風邪等の症状でまだ寝込んでいる人もいた。まあ、あの状況で慣れない場所で言葉も通じず、連日人の中にいたんだから参って当然だろう、と思うと、自分のこの元気さが逆に不気味だったりする。息子に「タイへ行って、旅行でもないし自分の居場所が分からなくて混乱している」と話したら「何それ、全然分からない」と言われた。分かるよ、としみじみ言われたら困るから良かった。

日本語を教える仕事をしていたこと等、日本でやっていた日常をすっかり忘れていて、先生から時間変更の件で電話をいただいて初めて自分の役割を思い出した。この偶然の電話がなかったらすっぽかすところだった。危ない、危ない。自営の身でこれじゃあ危機的じゃないか。大掃除もしたいが、その前にすべきことがたくさんある。夫もコックさんが新しくなってから大変そうになっている。多分、今まで任せられた部分を自分でやらざるを得ないのだろう。一家にひとり、外での仕事のない人がいるのは重要なことなのだと思うこの頃だ。夫のきょうだいが大勢いるんだから、誰か手伝いに来てくれるといいのに、なんて思ったりする。タイにちょっと行ったらますますタイ的になっている。
by kienlen | 2006-12-18 21:08 | 仕事関係 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30