深夜便で一睡もできずに帰宅

午後12時半くらいに帰り着いた。深夜便はかなり辛い。もともと、どこでも眠れるというタイプからはほど遠いので眠れない。ビールを飲みたいが中側の席でトイレが面倒だからワインにして何杯か飲む。それも良くない。行きの飛行機が長時間にわたってものすごい揺れで吐いている人もいたくらいで、私も具合が悪くなっていたのに対し、帰路は追い風が強いということで遅れて飛び立ったのに予定より早く着いた。成田空港に着いてみると、スワンナプーム空港の問題がいくつも分かる。ただ広いだけで秩序なし。数字の表記が小さくてどこに行っていいか分かりにくい。荷物の受け取り場所は特に最悪だ。ただ、おかげで若い男性とタクシーに同乗してお話できる幸運には恵まれたんだけど。せっかくだから成田空港で記録しようと思ったらネット接続が無料ではなかったのでやめる。これはがっかり。

駅からタクシーに乗って、車の速度の遅さと運転手の無口さに逆驚き。家に帰っても誰もいない。郵便受けにはたくさんの新聞と郵便物が詰まっていて出すのに手間取る。タイが秩序がないなんて言っているが、我が家の方がよほどない。出かける前が忙しかったので事務所は散らかり放題だ。とにかく片付けて気持ちを切り替えないといけない。一番最初にしたことは歯磨きでも洗顔でもなくて爪切りだ。これだけの期間だと持参するべきだった。バンコクの路上でよく爪切りを売っている光景が不思議だったが、旅先で爪切りは必要になるんだと今回思い知った。自分で淹れた美味しいコーヒーを飲んだ。バンコクの変化のひとつがコーヒー屋さんがたくさんあったこと。入っている時間も、そういう気分もなかったから試さなかったけど、住民だったら便利かもしれない。夫に電話で帰宅を告げたら「そう」というだけ。行く時にも何も言わないから「何も言うことないのか」と聞いたら「財布に気をつけて」だけだった。私はせめて「体に気をつけて」くらいは言っているのだが。息子は映画を見に行っていて、娘は実家に宿泊。こちらの日常はこんなものなのだ。
Commented by クリス・ティー at 2006-12-16 18:25 x
日常へお帰りなさいまし。無事で何よりでした。
でも、よく考えたらタイって今年クーデターがあったばかりなんですよね?
Commented by kienlen at 2006-12-17 21:42
タイのテレビでは、クーデターで失脚したタクシン元首相が戻ってくると問題が起きるから戻って欲しくない、みたいな内容を連日放送してました。背景は不明です。ただいろんな改革をしただけに影響は大きいみたいですね。まるで当県のようです。
by kienlen | 2006-12-16 14:33 | タイの事と料理 | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31