バンコクはもうたくさんかも

昨夜チェンマイ空港で皆さんの見送りを受けて、バンコクのホテルに到着したのは夜10時半くらい。遅い時間だし新しい空港だし道も知らないで、普通のタクシーも怖いなと思っていたら、チェンマイの人たちもそう言うので、高いけど空港タクシーを使う予定でいた。新しいバンコクの空港はとにかく広大でどこで荷物を受け取っていいのか分からず、指示表示をずっと見ていたのに自分が乗った便が表示されない。すると男性の声で「どっから来たんですか」と聞かれたから「チェンマイから。でも荷物を受け取る場所が分からない」と言うと、タイ語の発音で分かったのだろう、こちらを見て「日本人ですか」と聞くからそうだと答えた。若いタイ人男性で「僕も同じ、どこなんだろう」ということで話し始めた。荷物の件はじきに表示があって一緒に受け取り場所に行くと宿泊場所を聞くので答えたら自分の家も近いというから、何で帰るか聞いたらタクシーと言うので「一緒に乗っけてってもらえないかな」と言うとOKだった。彼は日本企業勤務ということで、チェンマイの出張から帰ったところ。ホテルまでの30分ほどを楽しく話すことができて安上がりにすんだと喜んでいたら、会社の経費だからと料金も受け取らなかった。

そんなわけでホテルに着いた時は故郷に帰ったような安心感もあったし、無事に役割も果たして全体的には、多分すべての人にとっていい行事になったと思えたので満足感もあった。しかし、今朝起きて外に出て、もう早速参ってしまった。景気の悪い時期はもっと静かだったのだと思うが、工事現場だらけで人は多くて、なんだかバブリーで、とても中年女の一人歩きには向いてない。バンコクでの目的はお気に入りの店で服を仕立てることだった。注文して送ってもらうように手配するつもりで探したのに、見つからない。とってもがっかりして、もうひとつの目的の銀行の用事に行ったのだが、昔働いていたオフィスの付近だというのに、道に迷ったりして疲れ切ってしまった。忙しくなっているし、なんだか居心地が良くない。銀行内は静かでほっとするが、長年使ってない通帳の更新が手間取って、その上、勧められた保険に加入してみたりで、午前中いっぱい時間がかかった。

知人に電話して午後会う約束にして買い物する。これもなんだか疲れた。物欲もなくなっているし、これが歳をとるということなのだろうか。新鮮な気分にもなれず、かといってすでに居住時の街でもなく自分でもない半端さ。それから問題は、ホテルでのインターネット使用が10分100バーツで、それもロビーに備え付けのもののみ、という高額さ。これはあんまりだ。それでインターネットカフェを探したのに見つからない。夜は食事もとらずにネットカフェを探してやっと、やっと見つけた。1分1バーツという値段設定。チェンマイよりは高いがバンコクじゃあ許せる値段か。ひたすら消費欲刺激の機能だけを高めているようだ。また住みたいと感じなくて良かったかもしれない。もともと大都市は苦手だし。以上が今の気持ちだ。
Commented by yamato1724 at 2006-12-15 11:37
こんにちは。yamato1724と申します。以前、家族とタイに住んでいたことがあり、現在でも出張ベースでタイと行ったりきたりしています。先日、始めてスワンナプーム空港を使い、その不便さに驚いた経験をブログに書いたところです。kienlenさんは私と同年代ですか(笑)。バンコクを離れて10年近く経ちますが、同じ思いを抱く今日この頃です。お邪魔しました。
Commented by kienlen at 2006-12-16 00:57
私もバンコクを離れて10年です。今、空港なのでゆっくり書く気分じゃないのですが、たった2日弱の印象では、良くない方向に変化しているとしか感じられませんでした。年代についてはまた拝見させていただいた後で予想させて下さい。
by kienlen | 2006-12-14 23:01 | タイの事と料理 | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る