決められない人と決めすぎる人

夕食の時間だけど、コーヒーで一息つきたい気分で淹れた。今日は事務手続きからの逃避で午前中に映画を見ていたら、そういう時に限って電話がひっきりなしに入り、落ち着かなかった。タイへ行っている期間の現場仕事の依頼があったから「タイへ行ってます。前日だったらよかったんですがすみません」と断ったら、よほど困っているようで先方が日程を変更してくれた。ありがたいような負担であるような…。午後は高校生の日本語指導へ。自分の状況的には行きたくないのだが月曜日にテストがあるので特別に行ってあげることにしたものだ。するとタイ行きの件でメーンの勤務先だった会社から相談があると言われてそのまま立ち寄る。そんなんで帰ったら息子が「腹減った」と騒いでいる。イカと玉ねぎを炒めてやってご飯にかけて食わせた。こっちだって昼は通りがかりの食堂に入って「1番早くできるもの下さい」で15分で済ませたんだぞ、偉そうにするんじゃない。

しかし本日のこのイライラの最大原因はタイ行きに際しての肝心の当事者の態度である。チェンマイが観光シーズンらしくてチケットとホテルの手配を早めにした方がいいと、手配担当の夫が言っているし、それに、そもそももう早いどころの時期ではない。案の上、チェンマイからバンコクへの飛行機が満杯。それで何度も彼女とやり取りするのだが、とにかく決断できないのである。単に、こっちがダメならこっちにしよう程度なのに…。会社とのやり取りは全く問題なくスムーズに進んで気持ちがいい。誠意も充分ある。この会社であって、そしてメーンへの不憫さから発した今回のタイ行きであるが、肝心の当事者のために、行く前から疲れている。で、しばらくはチケット手配する夫と彼女の間に入って電話でやり取りしていたが、ふとその無駄さに気付いて夫に「直接話して」と言った。日頃はお互いにそうしているのに、どうしたんだろうと思っていたら夫の方も「自分で決断できない人と話すのが面倒」と言う。しかし、いくらなんでも私よりはサービス業向きであるに違いない。彼がその後を引き受けた。そして私はまた自分の能力の限界を知った。それから、子供達を決断できない大人には育ててはいけない、とも。よく「人に迷惑をかけない」を育児方針にしている人がいるが、そんな遠まわしな言い方はやめて「決断力のある人間に育てる」と言い換えて欲しい。決断しないことを迷惑かけないと巨大誤解している人が増えたらホントにたまんない。
by kienlen | 2006-11-24 19:27 | タイの事と料理 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る