国際結婚の場合の書類

お骨を届けにタイ行きの件で、葬儀会場で午後打ち合わせをした。葬儀には欠席。昨日行ったし、それに夫は礼服もないしで嫌だったようだ。打ち合わせは昨日同様に社長夫妻とメーンの奥さんとそのお兄さん、そして私達夫婦と娘もおまけ。実際チェンマイに行くのは、会社から社長夫妻と専務の3人、奥さんと6歳の息子、付き添いが私で奥さんの兄さんが行くかどうかは未定ということに決まる。忙しい会社の人達は3日間、奥さんと息子と付き添い人は1週間の日程。その前にタイ人の死亡証明書を大使館から取り寄せなくてはならないのだが、奥さんが不安そうに「大使館にも一緒に行って欲しい」という意味のことを言うので、この際何でもするから必要があったら言ってくれと言っておく。内心は仕事の調節でハラハラ。でも、いかにも困り果てているので、ついでに大使館発行の必要書類の説明を読んでみたら、かなり面倒であることが分かった。ウチの場合は、私も夫もお互いの国で暮らした経験があるので、対比できるが、メーンの奥さんの場合、タイの事は夫に任せきりで、そもそも婚姻届けをタイで提出しているのかも知らない。日本だけで婚姻してタイでは出していない可能性も、なくはない。実際、私はこの逆をタイでやって始末書みたいなのを後で書かせられた。

でもタイでの婚姻届が必要書類一式の中に入っている。これについて、どうしても必要なのかどうかを大使館に問い合わせるように奥さんに言うのだが、そもそもそういうものの存在さえ知らないから、問い合せもちんぷんかんぷんになるだろうな、と思って、この際だから問い合せもやってあげることにしたら、夫が「戸籍謄本があれば不要」と言う。彼はタイ語の書類を見て私は日本語の書類を見ていた。日本語には「…、そして日本の戸籍謄本」と書いてあるから、普通に解釈すれば両方必要に読める。それでタイ語を見たら「…、あるいは日本の戸籍謄本」になっているのだ。これはちょっとひどくないか。タイ語だけ読んで信じて行ったら「書類足りない」と言われるかもしれないし、日本語だけ読んで信じたら、こんなに書類を揃えるのは無理、となりかねない。で、どっちが本当か日曜日では分からない。大使館から出される書類がこれでいいんですか、と言いたいが、こういうことは往々にしてあるのだ。それを念頭に自己責任で情報収集と分析能力を身につけるしかない。「確かめてあげるから彼の関係の書類を全部見せて」と言ったが奥さんは自信なさげ。そりゃそうだ。夫の書類がどこにあるかと言われても私だって分からないもんな。
Commented by 雹湖 at 2006-11-20 01:44 x
あの日、帰宅してから新聞を探し、訃報は地元紙の記事にありました。そこの事故直後の状況の描写が、実に簡潔で気の毒にさえ思えました。労働災害で、未然の防止策がどうとられていたのしょうかと考えざるをえません。本人とともに、残された家族がかわいそうです。ご同行、いろいろ大変そうですね、仕事の合間をぬって、人助けですね。
Commented by kienlen at 2006-11-20 08:50
病院に行くような状態じゃないのですぐに警察を呼んだそうです。その記事、私が気付かずにいたので、もし取ってあったら見せて下さい。ご遺族が作業現場の土を持って来て欲しいと言っているそうです。お気の毒です。
by kienlen | 2006-11-19 17:17 | タイ人・外国人 | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る