将来のことを思って暗澹

今日は、タイからの農業留学生達が沖縄修学旅行なので日本語指導が休みだ。何もないと朝が怠惰になって、気が付くとお昼近くになっている。その高校生達が、先週は野生のニワトリが旨いという話をしていた。「日本に山のニワトリいますか」と言われても、こうなると日本語の問題というか一般的知識の問題というか専門知識の問題というか。捕まえ方だが、まず山からニワトリを一羽捕獲してくる。それを山に連れて行って置いておくと鳴いて仲間を呼ぶので、集まったのを一網打尽にする、のだそうだ。トサカも食べるし、目も食べる。それから「野ぶたも美味しい」と言う。野ぶたって、もしやイノシシかと思って特徴を聞いたらそうらしい。これは1頭や2頭ではなくて、15頭くらいの集団でやってくるから、木にのぼって待ちかまえて鉄砲で撃つのだそうだ。未成年と鉄砲がいかにもタイらしい。父は山でクマに会って死んだふりをして助かったこともあるという。山道で象に出会うと、さすがに怖いそうだ。

男の子は、九官鳥やオウムを捕まえると、一羽1000バーツとか5000バーツで売れる、という。3000円から1万5000円くらい。しかし、その方法がすさまじい。高い木の上にいるから、上っていって捕まえるというが、その高さたるや、何百メートルにもなるという。本当かなあと思ったが、杭を打ち込みながらのぼるというし「下を見ると怖いから、絶対に見ない。落ちたら死ぬ」と言っている。ずいぶんと野生的な生活をしているようだが、一方ではパソコンもデジカメも携帯も駆使している。日本の携帯と同じ?と聞いたら「日本のは大きいですね」と言っていた。タイは自国の製品があまりないので、外資がしのぎをけづることになる。ソニーもがんばっているが、ノーキアの方がいいとか。夫は明日からタイだ。不法滞在で捕まって強制送還された知人達にも会ってくるらしい。実家では魚が豊富とか。そんな話をするということは、何か考えがあるのかもしれない。
by kienlen | 2006-10-31 12:11 | タイの事と料理 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る