朝取りのタイ野菜で

ランチに夫の店に行った。何を食べようか迷っていたら「スープ・マクア(ナス)食べる?」と夫が聞くので、それにする。超田舎料理だから、バンコクの人が知っているのかどうか、という東北地方の一品。とりあえず私の大好物であり、東北地方以外のタイ人に向かってこういう好物を並べると奇異なモノを見るような目つきをされる。それで想像してみるに、外国人が「タケノコとサバ缶の味噌汁と、丸ナスのおやきと、ジコボウとアミタケのスープが好きです」と言うみたいなものだろうか。この手の料理では「スープ・ノーマーイ(タケノコ)」があって、こっちの方がポピュラーかもしれない。スープといってもいずれも汁物ではない。タイでは汁物を「ゲーン」と言って、これは日本語では「カレー」と訳されているが、クリアスープもタイではゲーンだから、日本のカレーのイメージだと全然別物。
f0104169_18511672.jpg

写真を見て「おいしそう」と思う人はきっといないだろうと思う。いかにも田舎料理という顔付きが正直で田舎人とも似ている。ナス、といっても小さくて丸くて、外見だけだとミニトマトの熟す前の青いのに似ている。これを蒸してつぶしてハーブと各種調味料で和える。もちろん唐辛子もたっぷり。このナスだが、グリーンカレーにも入れるしタイでは年中使うが、日本のタイ食材店で買ったら高価すぎて使えないから日本のナスで代用するのが普通だ。しかし、この土地だとタイ人で栽培している人が結構いて、夏は手に入る。本日の1品は夫が畑で朝とってきたばかりのナスから作った。というのは、栽培主はパチンコに狂っていて、いろんなタイ野菜を植えたきり放置状態なので、夫が収穫に行っているらしい。でもお客さんに出さずに内輪で食べている。常連のタイ人女性にもおすそ分け。「辛い?」と夫が尋ねたが2人共「辛くないよ」と同時に言った。そのタイ人女性も超がいくつもつく辛好きだから、こんな半端なものは食べられないって顔をしている。f0104169_1856941.jpg
これに使った唐辛子も朝採りでちょっと甘め。ついでに焦点も甘め。
by kienlen | 2006-09-30 18:58 | タイの事と料理 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31