梅雨明けと雨の被害

f0104169_20521856.jpgこの地方も梅雨明け宣言とのことで、今日は本格的な夏らしい1日になった。ただ、今年は痛ましい雨の被害があり、その爪跡が容易に消え去るわけもない。雨で思い出すのはタイの洪水である。外国人がタイ語を覚えるときにまずは「ロッ・ティッ=交通渋滞」がくる。約束の時間に遅れる時、このひと言ですべて片付くのがバンコクの交通事情。そして次が「ナーム・トゥアム=洪水」である。このところ異変が起きているとはいえ、タイの雨季は5月から10月で、この期間の南国のスコールは日本のシトシトの比ではない。まさにあっという間に洪水になる。私自身、外出して深夜になって洪水に見舞われて車の中まで水浸しになった時は、もうダメかと覚悟したこともある。

写真は、私のバンコク滞在時に発生した記録的な洪水で、山田長政で有名な日本人町のあった古都アユッタヤーが水浸しになった時の、かなり引けてからの様子。真っ最中は交通も遮断されていたが、少し引けてから好奇心で行ってみた。バンコク周辺は平地なので、日本のような土砂崩れとか鉄砲水はないのは幸いだ。水浸しになりながら商売をし、子供達は水の中を歩いている。生活のために休んでなどいられない。この時は、確か首都のバンコクを守るために水門を閉めて被害を周辺に散らしたのだ。どこが被害から免れて、どこが被害を受けるか。どこまでが天災でどこまでが人災かの境界が曖昧な今、バンコクでも考えさせられたが、日本でもやはり考えてしまう。
by kienlen | 2006-07-31 21:16 | タイの事と料理 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31