パチンコ狂いのマリーの畑

f0104169_1513572.jpg久々の友人達とランチ。会場は夫のタイ・レストラン。夫はカウンターでこういう作業をしていた。これはパカナというタイの野菜で「パカナ・ムーグローブ(豚のカリカリ揚げとの炒め物)」というのが一般的料理だ。夫の店でも人気がある。誰でも食べられる特にクセのない料理、と思っていたら、この間「パカナは苦くて嫌い」というタイ人がいたが、多分そういう人の方が少数と思われる。彼は、固い部分をナイフで削って小分けにして新聞紙に包む作業中だった。この辺りのタイ人の多くは、土地のある日本人男性と結婚して、その畑仕事をしている。そしてタイの野菜を作って、食材店やレストランに売りに来るとお小遣いになるというわけだ。随分と遠方から来る人もいるが、そうしてタイ人達は交流もする。売り上げ分だけビール飲んだり、食事したりという人もいるし。

これはどこから仕入れたのかと思って夫に聞くと「マリーの畑から自分で取ってきた」と言う。それって泥棒ではないか。事情を聞くと「マリーはパチンコに凝っていて植えたが収穫を面倒がっているから自分で取ってきた」ということ。あの、マリーもパチンコに走っているとは、知らなかった。私はタイ料理については可能性を信じている。私自身が大好きだし、味が多彩で本当に素晴らしいと思う。その割にちゃんとしたレストランは少ない。いや、始める人はいるのだが、続かないのである。なぜか。パチンコに凝って店そっちのけになり…、後は推して知るべし。夫に「○さん、どうしている」と聞くと「パチンコ」「××さんは?」「パチンコ」。マリーの場合は店をやっているわけではなくて畑だから、欲しい人が取りに行って、いくらか渡せばいいらしい。金額にはあまり興味ない。「自分で取った方が面白いよ」と農家出身の夫の弁。地方都市在住タイ人社会の一面である。
by kienlen | 2006-07-28 15:36 | タイ人・外国人 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る