そうか、川か

自分にとっての原風景が何かと言われたら山だと思っていたが、実は川なのだと思うようになった。川を見下ろす場所で生まれ育ち、子どもの時の遊び場は川で、釣りしたり魚捕まえようとしたり、崖を上ったり降りたりしたり、川の中の石を渡ったり。泳ぎ以外のことはしていた。その後もとにかく川が好きで、特にバンコクでは川が日常の交通手段であり、いつも乗ってしまい、日本から人が来ても水路で案内したくなる。しかし誰もが川好きとは限らないこともそんな経験から知ることになる。この土曜日も川を渡ってチャイナタウンへ。
f0104169_21582569.jpg
で、日曜日はかなり落ち込んで、友だちに孤独で生きる元気がないと訴えたら、瞑想すればあと冷たく言われ、ついお寺に行って一息ついて、写真を撮ってしまったのも、いつもの水路だった。
f0104169_21573561.jpg
プラハに行って以来、たったひとつの曲ばかり聞くようになってしまった。スメタナのモルダウ。バンコクに来てからもこれ以外の音楽を聞く気になれず、どうしてこんなに好きなのだろうかと疑問だったが、川だからかもしれない。そうか、川があった。川を訪ねる旅をこれからするのもいいかも。うーむ、水路と鉄路、一番好きな二つがある場所で生活しているのも、何かの導きと思えてならない。



by kienlen | 2017-11-27 22:12 | | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る