意外に不器用だった

手先は器用な方だと思ってきた。でも、自己認識が間違っていると別件について友人たちに言われる通り、この件についても間違っていたと思うようになった。しかしこの歳まで間違ったままこれたことを、どなたに感謝していいのか分からない。ありがとうございます。
f0104169_22053144.jpg
などと、改めて感じ入ったのは餃子から。親しくなった中国人にこの間ごちそうになったので、別の友人から紹介された中国料理の店に連れて行こうと思って誘ったら、それよりウチに来て餃子を食べないかと提案された。もちろん、オーケー。すると、一緒に作りたいか、というので、作りたいと答えた。迷いに迷って彼女のアパートに到着。待ちきれなくて作り始めていたようで、このような状態だった。それで、この餃子の形を見たことがなかったので、教えてもらうことにした。ところが、ちゃんとした形にならない。彼女は料理人だった祖母から教わったそうで、もっと簡単なのを教えるとレベルを落としてくれたのに、それでもできない。結局、4歳児でもできるような簡単なのを教えてもらって、もっぱらそれを作っていた。食べる時、3種類の餃子の形を見ながら彼女が、私の作ったのについては「この形はあまりない」と言っていた。今後、器用とは言わないことに決めた。


Commented by おトコ at 2017-11-15 13:57 x
なんでも初っ端から出来る人を器用というのでしょうが、
「”テンカラオショウ”はいない」とうちの母はよく言ってたし、あなたはおやき作りも薄い皮で上手だし手早いし、編み物もすごく上手、慣れて自分のものにしてしまえば完璧なのは器用とは言わないのかしら?。
ってか、そんなことより完璧マスターして帰国したら食べさせて頂戴!このギョーザ♡。
Commented by kienlen at 2017-11-18 00:32
おトコさん、あなたの言葉には時々説得力がすごくある。めげずに教わって食べさせます。乞うご期待。
by kienlen | 2017-11-14 23:11 | その他雑感 | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る