ひとつの希望が叶ったわけだ

ずっとずっと思っていたことがある。線路脇に住みたいということ。でも、今後実現することはあり得ないので忘れかけていた。引っ越し予定はないし、したいとも思っていないし。ところが、バンコクに来てお仕着せのアパートに着いた時に本当にびっくりしてしまった。線路脇なのである。しかも電車じゃなくて汽車。今時こんなことがあり得るなんて!!今になって長年の夢が実現するとは!!バンコク暮らしで一番心配したのは音だった。私は人の大声が大の苦手で、あとはバイクもダメ。でもバンコクだと両者の可能性が大きく、だったらどうしようかと思っていたが、線路脇なのであるから人の声もしないし、線路脇に道はあるもののバイクも車もとばせないので汽車の音以外は静かで、そして汽車の音は好きなのでいいのだ。かなりひどい住環境ではあるが、線路脇というだけで許せてしまうくらいの力が線路にはある。そして線路脇は生活感バリバリなのが、まあ、何というかノーコメント。
f0104169_21331703.jpg

Commented by おトコ at 2017-06-01 10:27 x
汽車?、ちょっとイメージが追い付いてこない。
鉄オタの友人に教えたら涎たらして飛んでいきそう!。
写真で見ると日本の田舎のようで、涼しそうに見えてしまうけど、あっついんでしょうね!雨季だものね。
洪水や災害への緊張感と線路脇住居で落ち着く生活‥、想像してます。
Commented by kienlen at 2017-06-01 20:42
> おトコさん
乗りたいとタイ人に言ったら事故が多いそうです。揺れるししょっちゅう脱線するとか。だいたいドアがないですから、簡単に転げ落ちますね。鉄ちゃん方には大変貴重だと思います。年中あっついです。
by kienlen | 2017-05-31 21:44 | その他雑感 | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31