作家写真展

出発まであと一週間という本日。諏訪の原田泰治美術館で開催中の時代の肖像作家写真展に行った。新潮社創業120周年記念のイベントとのこと。友達から連絡があって即行きたいと返事し、その友達と一緒。峠越えしたいので私が運転しますと名乗り出て好きな大門街道を行く。峠の途中で空腹になり、ランチをどこにするか、くらすわにしようか、でも成り行きでということで、諏訪湖畔に着いてから寄ったレストランは大外れだった。位置的に観光客相手に徹しているのか、しかしそれでやっていけるのでしょうかと思った。安くない、美味しくない、サービスがいいわけでもない、雰囲気がいいわけでもない。よって写真なし。
f0104169_22212930.jpg
原田泰治美術館は初めて。諏訪湖の眺めが素晴らしかった。そしてお目当ての写真展はとっても面白かった。何しろ、いずれもお馴染みの作家で、友達とああだこうだと話しながら見れたので。それにしても、三島由紀夫と川端康成のポスター写真が素敵で、そもそもこれを見て行きたくなったのだった。
f0104169_22220673.jpg
楽しかったので眺めの良いカフェでコーヒーを飲んでおしゃべり。天気はいいし、人は少ない連休最終日だった。
f0104169_22214796.jpg
しかし、このカメラ、いったんは壊れたと思って復活中だがズームが使えなかったりで、いつまでもつか不安なのでタイに行く前にひとつ新調して備えるべきか。空気がさわやかな日だった。
f0104169_22221984.jpg
帰宅後、パッキングを少々と家の片付けを少々してから飲酒。持参する本の選択が一番大変。






Commented by jun at 2017-05-09 11:45 x
作家の師弟のいい写真ですね。驚きました。  でもその後二人は現実に絶望し過ぎてしまったのでしょうか。
また、今信州はどこもいい季節ですね。  タイに行かれてもご健勝を祈ります。
Commented by kienlen at 2017-05-10 22:58
> junさん
この写真に惹かれてわざわざ諏訪まで行ったようなものですが、写真見ながらあれこれ言い合う楽しみがありお勧めですよ。美術館のロケーションも素敵です。junさんのご健筆を祈っています。
by kienlen | 2017-05-07 22:46 | | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー