夏になると思い出す出来事

暑い。生ゴミから小さな虫が出るし、網戸にハエがくっついて中の様子をうかがう。それでも日本の虫なんておとなしいものだ。バンコクで一番困ったのはアリ。ゴキブリも年中ウヨウヨしているが、襲ってくるわけじゃないから、ああいるな、と思うしかない。蚊は病気を媒介するから危険で子供が刺されないように心配したが、私は当初ひどく刺されたものの滞在が長期化するにしたがって全く感じなくなってしまった。それより嫌だったのはアリだ。カメラの中に入り込む、当時はワープロを使っていたが、ここにも入る。封を切ってない食品類どころか、封を切ってない赤ん坊のオムツカバーとか、とにかくどこにでも入り込む。それもビルの10階だろうが、どこだろうが。それも動きが不活発になる時期というのがないので、年中元気いっぱい。そして、噛まれると痛いし腫れるしかゆい。子供が泣くのでどうしたのかと思うと、お尻にアリが食い込んでいたりする。4歳までバンコクにいた息子はこういう被害にあっている。

その息子がまだ母乳を飲んでいた頃のこと。息子用の敷物を2階のベランダに干した。ふと気づくとベージュの敷物に黒い水玉模様ができている。単純に不思議で覗き込んだら、多分母乳の落ちた部分であろうが、そこにアリがびっちりと付着しているのだった。今、思い出しても寒気がする。当時、思わず悲鳴を上げて叩き落してしまった後も震えていた。あと、白アリに一夜で家具の足を半分食べられたこともある。こんな具合なので業者に頼んで、強力な殺虫剤を使うことになる。環境にも体にも良くないだろうとは思いつつも。そういえばミャンマーで泊まったホテルでは、夕方になると従業員が部屋に殺虫剤を撒きに来たっけ。南国の自然環境はなかなか過酷だった。
by kienlen | 2006-07-11 00:51 | タイの事と料理 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31