『アジアの風―アジア短篇ベスト・セレクション』

出ている時間が多く、なかなか読書が進まない。昨日メモった中国の小説が入っているこの本を昨日やっと読み終えた。ベトナム、タイ、インド、台湾、モンゴル、インドネシア、中国、フィリピン、韓国、マレーシアの10か国からひとりの作家のひとつかふたつを収録。借りる時は、ちょっと目を通そう、タイだけでも、くらいに思っていたが、まずベトナムのがいきなり面白く、さほどでもなさそうと思いながらタイだから読み通そうと読んだのも結局は面白く、という感じで、一部読み飛ばしたところはあったが結構ちゃんと読んだ。こうして並んでいると、たったひとつの短篇小説から自然環境とか社会とか、早急な判断は危険とは思いつつも国民性のようなものも感じられて感動した。どちらかというと女性作家のが共感というか分かりやすかった。やはりアジアの国における男女差の方が西洋の男女差よりも分かりやすいのかもしれない。日本のようにすでに煮詰まった感のある社会とはまだ違ってダイナミズムと同時に諦めとか倦怠とが混じった空気感があった。このあたりも分かるなって感じ。うーむ、良かった。くどいが短篇小説って面白い!こういう、ベストセラーにはとてもなりそうにない本を出してくれるというのも大変ありがたい、ありがとうございます。
by kienlen | 2017-02-28 19:51 | 読み物類 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る