アルジェの戦い

先週の日曜日と同じスケジュール。ちょっとの仕事の後、小走りに映画館に行くとちょうどいい時間からの上映のこの映画に。先週に次回予定を見て、絶対絶対に見逃すまいと決めていたもの。アルジェリア独立戦争の映画は「涙するまで、生きる」しか知らずこれが2本目。見るのが辛い場面は多いが素晴らしい映画だった。植民地アルジェリア民族解放戦線のゲリラ戦を弾圧するために、フランスから大軍が送り込まれ、テロリストとしてしらみつぶしに捜索され逮捕され拷問され殺されて、最後に残った4人は住処を爆発されて爆死するのだが、それが1957年で、結局その後に独立を求める声は一般市民にさらに深く浸透していき戦車を出されてもデモが止まず、遂に1962年に独立するまでを描いたもの。中心はタイトル通りアルジェでの戦い。カミュ原作のは、山の中の村だったが、こちらは都市。白黒でドキュメンタリーのような作りでものすごい迫力。実戦に参加した人達も多数演じているのだそうだ。ゲリラ戦の戦い方とつぶし方の両方が詳しく描写されている。

タイトルだけ聞いたことがあるのと、テーマにひじょうに興味があった以外は何も知らずに見て、てっきりフランス映画なのでフランスの植民地を正当化する視点があるんだろうか、しかしじゃあ一体どんな、との疑問で見ていて、でもこれはどう見ても弾圧される側に共感するよなと感じ、後でチラシの解説を読んだら、1966年にベネチア国際映画祭でグランプリになった時、フランス代表団が反仏映画として反発、フランソワ・トリュフォーを除いて全員が退場したというエピソードがあるのだそうだ。そういえば劇中には、サルトルが独立支持者として名前が出てきた。今、噴出している色々な問題の根っこが見えるようで、今上映する価値はすごく大きいと思う。観客は5人。それでもひとりやふたりよりは多いので、喜ぶべきなのかどうか。こういう映画を上映してくれるのは大変ありがたい。重ね重ね、素晴らしかった。しかし1960年代の映画ということは、あれはCGじゃないということですよね。魂がこもっているというか、すごかった。

by kienlen | 2017-02-05 21:14 | 映画類 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30