世界遺産航路というネーミング

厳島神社見学のため宮島に渡るのに往復のフェリーチケットを購入。
f0104169_14182561.jpg
こんな感じの大型フェリーで15分位で到着する。で、カキうどんを食べに入った食堂で観光パンフレットを見ていたら「世界遺産航路」というフェリーがあるではないか。下調べ皆無だったので何も知らずにいたが、列車も大好きだがフェリーも大好きなので乗ってみたくなる。2000円は安くないけど、平和公園に到着というのも便利だし、観光フェリーなら観光案内なんかもあって観光気分に浸れるのかと思い、厳島神社見学をしてからそちら用の港に行ってみた。
f0104169_14192068.jpg

f0104169_14151517.jpg
これ、大陸風であるなあと思いながら見学した世界文化遺産の厳島神社。参拝料は300円。この後ちょっと海岸線を散歩。しかし冬はさすがに寒かった。風も強いし。夏なら快適そう。いよいよ世界遺産航路であるが、こういう小さいフェリーなので外が広く見えるわけではなく、解説あるわけでもなく、ガガガと海渡るのに20分で、あとは川をゆっくり上るのに20分であっという間。このネーミングが秀逸ですね、と感じた。ただ平和公園近くの船着き場はストラスブールの運河の旅の出発口みたいで、一緒に行った友人に写真を送ったが同意は得られなかった。
f0104169_14180058.jpg


f0104169_14210998.jpg
到着するとカフェがあって外にお客さんがいたから、この真冬にすごいと思ったら電気ストーブで暖めて外。これもヨーロッパの街角みたいであった。それを含めて似ている、というか似せているというかに感じたわけですが。
f0104169_14203699.jpg
宮島には鹿がいて、食べ物を持っている人を追いかけていた。この方はずーっとポーズを取ってくれたので、ついでにベンチに座ってくれと頼んだけど聞いてくれなかった。
f0104169_14141048.jpg
キャスター付のカバンを引っ張っていたので、いちいちファスナーを開けるのが面倒な観光パンフをすぐに引っ張りだせるようポケットから少し出して歩いていたら「鹿が紙食べてる」と言われ、見るとそのパンフレットを引っ張り出して食べていたのは鹿だった。紙食べてはいけないでしょうと、観光客が何とか取り上げてくれた。失礼しました、礼を述べてボロボロになったパンフを鞄にちゃんとしまった。







by kienlen | 2017-01-30 14:47 | | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る