カキうどん

f0104169_23101010.jpg
たぶん多くの人々が旅行しているような時期にインドア好みだったので、行ったことない所だらけ。特に関西はほとんど未踏の地。どうも自分なりの暗いイメージの方面に足が向く傾向があり、すると北陸とか東北なのである。それで今回、初めて広島に行くことになって大喜び。朝8時半にバス乗り場で同行者と落ち合うことになっていたので前泊する必要ありで、だったら早く行って観光しようと決めた。行きつくまでに半日たっぷりかかるので残りは半日。平和公園以外にどうしよう、やはり厳島神社である、と決めた。

広島駅のJR線構内に案内所があるのは、行き当たりばったり派には非常に便利だった。ここで行き方を聞いて電車を乗り継ぐ。フェリーのある宮島口で清算すればいい。駅伝の日で通りはそれ一色という感じ。号外で長野県勢の名簿を見て、がんばれと思うと同時に駅伝興味の友人にメールすると「実況中継するので安心して観光を」というありがたい返事がきたのでJRのフェリーで宮島へ。往復チケット360円。皆が皆往復を買っているようでもなく不思議だったが、後悔することになった。まあ、180円くらいだから後悔というほどでもないが。この件は後ほどとする。テーマはカキうどんなのだから。

宮島に着いた時間が1時過ぎていて、朝5時半に出ておにぎりしか食べていない身にはものすごく空腹だった。何でもいいから食堂に入りたくて、神社近くの、いかにも観光客相手という立地の食堂に入った。カキうどんという看板に惹かれたからだ。客はなく静かな店内。ショーケースもいかにもレトロ。店内も古いがきれいでいい感じ。そして美味しかった。途中で男性3人連れの観光客が入って来た。外に出てから、カキ丼の看板もあるのに気付き、知っていたら迷ったなあと思う。海なし県人にとって魚介はやはり魅力。駅伝は優勝だった、やった。友人が「上野、行け―」などなどの実況メールを送ってくれてリアルタイムで知ることができた。縁起の良いカキうどんだった。680円。善光寺付近でこの値段で信州そば食べられるんだろうか。


by kienlen | 2017-01-29 11:13 | | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る