立腹日記

昨日、全く身体を動かしてないのに危機感を覚え、財布と携帯だけ持って夕方散歩に出た。1時間歩く時間がないので30分と思ったが行きたい所もなくふらっと夫の店に入ってしまった。じゃあまあご飯食べていけばいいやと思ってチェンマイソーセージとモチ米を注文。美味しくて、酒も飲みたくなり日本酒注文。ヤバイ帰らねばと思ったところに久々の知人が入って来て話し込んでしまう。酒お代わり。もうどうせ仕事にならないし、えーい。と、そこにメールが入って来た。見ると、仕事の関係。とんでもないメールだった、私にとっては、であるが。怒りに任せて電話をした。というのは、私の怒りは長続きしないので面倒になったり、まあ自分が一方的に正しいわけでもないし、とか考えだすと怒っていられなくなるわけで、そうなるのも今回の場合は面白くないと決めたわけだ、自分で。

「これ、私のミスでありますか?」「…(あやふや、意味不明)」とにかく気力が失せた。こんな簡単に形式的な何の熱意もない何の気合もこもっていない何の自分なりの言葉もないメールで済ませられることだろうか。腹がたって明日は、つまり本日のことであるが、もうボイコットと決めて友人にランチの誘いメールを出すとすぐOKだった。ボイコットっていっても、結局自分の首を絞めるだけのことだが。それで今日は朝ちょこっと仕事に出たのを皮切りにその友人とランチし、話しを聞いてもらってちょっとすっきりして、次は、コヤツが片付いたら本を読めるのを励みにするため図書館に行っていっぱい借り、ついでに映画まで見て、それからまた夫の店に行って美味しいご飯を食べ、ビールを飲んで戻った。こうして1日サボればその分はすべて自分に返ってくるだけのことというのが悲しい。実際、自分以外に誰も困らないのだから、笑える。これが自嘲というものですね。

Commented by jun at 2017-01-12 18:52 x
カギカッコが無いけど一瞬『立腹日記』という本かと思いました。失礼。怒りはまだ燻っていますか? こちらも腹立たしいことはありますが何とか、かわしています。また本は進まず、映画は「海賊と呼ばれた男」を見て、ドラマは今日のアドラーの「嫌われる勇気」を録画し、娘は帰京し、息子は二浪目に明後日チャレンジ。私はホロ酔いで明日の銀行借り入れの算段中で。
映画の中で、弱気な元将校の部長に社長がお金の借り方を指南していました。それは「熱意」だそうで、大いに参考になりました。
Commented by kienlen at 2017-01-13 06:48
junさん、おはようございます。海賊…迷ってます。息子さんがんばって下さい!
by kienlen | 2017-01-11 21:10 | 出来事 | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31