3人食事会

娘が昼近くに到着。それまでにここまでは最低限というところまでいきたかったが間に合わず、内心はイライラ気味で迎えに行き、このまま食事に行くことになって仕事から気分が離れるのは避けたい、しかしせっかく彼女が来た時くらいはお付き合いもしたいということで、どうしようかと思いながら状況を客観的に話すと、パパの店に行くというので、それはグッドなアイデアであると思い送って自分だけ戻り、食事抜きで最低限のところまでいくのだと心に誓い、ギリギリその通りになり、午後はキノコと肉を買いに行った。明日のランチを鍋にするため。大晦日だから家でごちそう、というのは夫が店を始める前は、彼が作ったのであったな、そういえば。

父の希望もあり、こちらの都合もあり、今夜くらいしか一緒は難しそうで夕食を共にする約束で店を予約しておいた。息子も何とか間に合うということだったが、案の定寝坊して遅れ、台無しに。予想していたとはいえ、毎度毎度翻弄されてばかり。車で行かないとならない場所だったので結局息子抜きの3人での食事会となった。写真禁止の店だった。どうしてなんだろうか。私はモツ煮定職で娘と父がウナギ定食。カキフライを単品で、車なのでアルコールなしという、何やら生真面目なセレクションだった。父は毎日大掃除をしていて疲れたと言っていた。すっきりしていいだろうな、羨ましい。それにしても情けない自分の情けない年末だ。



by kienlen | 2016-12-30 21:38 | 家族と子供の話題 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー