『ロンドンを旅する60章』

明石書店のこのシリーズのロンドン版を図書館で借りてガイドブックとして持参した。こういう短く色々なことを紹介している本って、読み物としては何か物足りない感じがあったが、ガイドブックとしてはいいなと思いながら楽しく読んだ。これを見て絶対行きたいと思ったのがロンドン塔で、ちょっと中心から離れていたが、最終日に行ってみることにした。なぜロンドン塔かというと、夏目漱石が明治33年の10月31日に訪れていたとこの本で知ったから。時期が同じ。倫敦塔という作品にまとめたそうで、青空文庫にあったのでダウンロードして旅先で読むつもりだったが集中できず。ロンドン塔というから塔がひとつあるのかと思ったらお城みたいだった。拷問部屋や牢獄があり、王族貴族が幽閉されたり処刑されたりしてきた建物なのだそうだ。そういう場所で国王が戴冠式までを待つのだというから、即位イコールいつかは処刑の可能性みたいな覚悟ができるのだろうか。
f0104169_17535326.jpg
どこに入るのにも行列。ここではタイ人のグループがいた。
f0104169_17534091.jpg
血の塔の中に入って見学。ブーリン家の三姉妹という映画で処刑の場面があったけど、これもロンドン塔で裁判と処刑が行われたようである。メインのホールは王家の歴史を紹介しながら豪華絢爛な宝物を収めてあった。
f0104169_17542477.jpg
規模が大きくて写真はほんの一部のみ。テムズ川の対岸に行かないと全景は無理と思われる。そこまでする時間も意欲もなし。イギリスの建物は見た範囲ではモノクロームに徹していて、曇り空と調和していた。人々の服装も黒が圧倒的に多いシックな街だった。この本にはフィッシュ&チップスの美味しい食べ方が書いてある。ビネガーをたっぷりかけて食べるのだそうだ。そうするとあの油っこいのがさっぱり食べられるのか、なるほど。今夜はフィッシュと芋を自分で揚げようとイワシを買ってきた。

by kienlen | 2016-11-05 18:14 | 読み物類 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30