時間

イギリスでは夏時間を採用しているそうだ。ちょうど訪れた日の翌日が切替の日ということで、空港から送りだけのガイドさんが、翌日の夜中の1時に1時間進むので時計を合わせるようにと教えてくれた。ただし忘れていても1時間早く約束の場所に着いたりするだけなので被害はないでしょう、ということを飛行機の出発時刻を例に話していた。実際、夏時間の最後の朝は7時でも夜明け程度の暗さでびっくりした。夜の早いのは、友だちから「3時くらいには暗くなる」と聞いていて、それが今の時期ではウソであったことを知り、日本と変わりないというところだが、朝がここまで暗いことは知らなかったので。で、30日の朝は夏時間終了で1時間遅くなったら、感覚的には日本と同じくらいかちょっと遅めかなというくらい。寒い寒いと脅かされていたけど、東京と長野の間くらいだろうか。半袖の人もいればコートを着込んでいる人もいる。厚い雲がかかっていて青空はまだ1センチも見ていない。こういう気候は好み。散歩にも快適。昨日の朝は霧がかかっていた。

到着した日は数時間をホテルの周辺散策、翌日はロンドンの街中を歩き回り、昨日はバースという古い町に行った。温泉のある、バスという言葉がここからきているという場所。ガイドブックにロンドンのパディントン駅から1時間半とあったから日帰りトリップにちょうどいいと思って乗ったが、行きは10分強遅れて2時間以上、帰りは直前まで遅れなしで、しかもロンドンに近づいてから一駅停車しただけであとはノンストップなのに2時間かかった。車体の音といい思い切り走っているように感じられ、あと30分の短縮が可能のようにはみえなかった。夕方ベーカーストリートで降りてシャーロックホームズ博物館に行こうと言っていたのだが間に合わなかった。ロンドンに次ぐ観光地らしいバースは日曜日のせいなのか、いつもそうなのか知らないが、大変混んでいた。帰りの列車は予約で満席になっていてデッキで立ちっぱなし。予約席である印が、座席ひとつひとつにカードを差し込むことであるのには驚いた。座席の背もたれのトップの部分からカードが飛び出している様はなかなか圧巻だった。そんな手作業を見ると嬉しくなる世代なのにこんな旅。
Commented by jun at 2016-11-01 09:11 x
おはようございます、kienlenさん。ロンドンは10月まで夏時間と知り驚きました。こちらや東京も同様に曇り空で肌寒いです。古代ケルト人が発祥と言われるハロウィーンの狂騒もそちらでは限定的なのでしょうか?鉄道やバスの事情も随分と違うようで面白いです。D・Hロレンスはロンドンで苦学した後、働きまた教鞭もとったと『チャタレイ夫人の恋人』の後書き解説にありました。
Commented by kienlen at 2016-11-01 09:31
junさん、こんばんわ。こちらは夜中の12時半です。暑くなく寒くなくちょうどいい気温です。ハロウィーンの仮装している人は多勢いました。
by kienlen | 2016-10-31 15:09 | | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30