そういえばタイ語で「当番」は?

映画を観た後に夫の店に行った。常連の日本人とタイ人女性カップルがジョニ黒を飲んでいて、母親がタイ人という若い女性がいて、その横では、娘同士が同学年同クラスのタイ人の母親がビールを飲んでいた。ランチタイムなのにカウンターには酒類がたくさん並んでいる。つられて私もビールを飲み、つまみにぴったりの極辛のヤム・パカチェを頼んだ。唐辛子がゴロゴロ入っていて汗と元気がでた。日本人の夫との間に3人の子がいて全員、娘と同じ小学校在学中で、その内の1人はずっと娘と同クラスのKさんとは、昨年のPTA役員が一緒だった。私が学級会長で彼女が副。「仕事は休み?」と聞いたら「こんな天気の時は休み」と言う。いまにも降りそうな空模様。建築現場の仕事をしているのを「恥ずかしい」と言って、周囲から「何が恥ずかしいんだ」と言われていた。

小学3年の息子が少年野球を始めたということで、「月に1回、お茶当番がある」「この間は、練習の後にバーベキュー大会があって、タイ風のタレを作って持っていったら、子供達が喜んで食べた」などと話している。会話の中で「トーバン」だけ日本語を使った。考えてみたら私は「当番」というタイ語を知らないではないか。日本では生活の中でよく使うのに、タイでは気付かぬうちにきた、という単語としては「反省」というのもあるが、当番も、外国人が日本にいたら比較的初期に覚えるべき単語と思われる。学校だけでなく、職場によっては掃除当番があるし。ある意味、平等を象徴する言葉といえるのかもしれない。身分に関係なく順繰りに回るのだから。タイの職場では社員の間の掃除当番は聞かない。掃除は学歴がない人の職で、身分制度はないにしても暗黙のうちの壁があり賃金格差も大きい。Kさんが建築現場の仕事を恥ずかしいと言ったのも、タイでは技能とか技術職というよりは、低学歴者の職だから、という含意があってのことだろう。バンコクでタクシーに乗った時に運転手が建築作業現場を指差して「ちゃんと勉強しないとああなるぞ」とまだ小さかった息子に話しかけていたことが忘れられない。日本もそういう方向に向かっているのが気になる。
by kienlen | 2006-06-26 18:53 | 言葉 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー