安曇野の予定だった

お久しぶりです、と、自分にむかって言う。それにしても時間の経つのは速く5日もあいてしまった。この間にバンコクから遊びに来た友だちが「バンコクで一生を終えるなんて嫌よ」と、タイ人の夫に向かって何度も何度も言っていたが、そういう風に感じる歳なのだ。しかし「だったらどこでも行けばいいでしょ、自由なんだから」と私なんか、ただただ芸もなく当たり前のことを口にしてしまうが、タイ人夫はそんな言い方はしない。「そうだねえ」と優しくにっこり言いながら、何も実行しない。多少は見習おうかなと思うことがなくもない、ということはない。何度か信州に遊びに来ているうちに2週間くらいの滞在を考えるようになった彼らを今年は安曇野に案内することにした。でも、この間行っていい景色だったこの美麻の喫茶店に寄ろうとしたら散歩したいということになり、この付近を一周したらぬかるみで時間がかかりお茶飲んで時間かかり、予定を消化できなかった。
f0104169_08165158.jpg
この間満開だったそばは枯れかけていて連日の雨で沼地ができていて、この日も今にも降りそうな天気だった。友人夫妻の滞在中毎日最悪の天気だったそうで不満そうだった。友人は地中海気候が好きなのだそうだ。イスラエルの天気が最高だったというから「カリフォルニアに住めばいいでしょう」と言うと「アメリカは嫌いなの」ということで、みんな難しいのである。
f0104169_08171097.jpg
きれいな自然の中にしばらく暮らしたいがこういう寂しいのはダメで虫が出るのはダメで、色々ダメだという都会人。虫が出ない場所なんてないと思うよ、と言ったのだけど。
f0104169_08161936.jpg
結局時間が足りなくなって途中で引き返し、予定していなかった店、といっても予定もなかったけど、で、彼らの所望するそばを食べた。これが意外に美味しかったのです。農業経済専攻だったタイ人夫はそばを撒いてみたいと種を買っていた。ミャンマー国境の高地ならいいんじゃないかと。




by kienlen | 2016-09-26 08:37 | | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31