白馬大雪渓と美麻

f0104169_19154550.jpg
今年は白馬大雪渓の雪が溶けてしまって危険なので入山禁止になっている写真を撮りに行くという友だちの車に同乗して白馬へ。題して便乗なる日々。車でこの猿倉荘という登山口の山小屋付近まで行く。1時間弱歩くと聞いていたが、軽い感じで言われたので登山道のようなものではなくて平地をハイキング気分で歩くのをイメージしていた。しかしこの小屋を見て、これは結構な山道であると覚悟した。林の中の快適な登山道。どこにも水があふれ、谷底を流れる川の勢いも音もすごかった。砂漠の人からしたら贅沢な光景であるに違いない。
f0104169_19151241.jpg
水だらけ。登山道にも流れ込んでいた。
f0104169_19125364.jpg
だからこうして木橋を渡して歩きやすくしてある。雨が降ったら道がやられ大雨になったら流されるに違いないと思った。山にかかる雲が怪しくて心配だったが雨にあうのは免れた。人はいなかった。そもそも登山できません、という場所に行くのだから当然といえば当然か。
f0104169_19285291.jpg
このシーン、テレビや写真で見たことがあるような。いつもはこのちょっと先が大雪渓なのだそうで、ここも7月くらいまで雪があるのだそうだが、今年はなしで入山禁止になっていた。一組か二組かのグループがいて白馬尻小屋は多少の賑わい。持参したおにぎりを食べたが、小屋のカレーか蕎麦を食べたかったので、帰宅してカレーを作ってしまった。蒸し暑くてかなり発汗、それでも山歩きは大変気持ちが良かった。このくらいの散歩を月に2,3度でもいいからできたら体にも良さそうな気がする。
f0104169_19144190.jpg
虫も花に入り込んで一心不乱に働いていた。ごくろうさんです。
f0104169_19121526.jpg
f0104169_19111994.jpg

帰り道に美麻の喫茶店に寄ると眼前に蕎麦畑と白樺と松の林が。起伏のあるのがドイツの光景のようでありますな、という話になる。スケールは少々小さいが。
f0104169_19161829.jpg
大変に美味しいコーヒーとレアチョコレートケーキをいただいた。ひとりの友人は同じセットでもうひとりはブルーベリータルト。適度に身体を動かしたおかげで食欲がでたし、夕食をたくさん食べてもお腹は快調。白馬、さすがに知名度に見合う場所だった。じきにバンコクの友だちが来るので山を歩いたと連絡したら、自然は楽しみたいが登山はご免ですと返事がきた。



Commented by おトコ at 2016-09-10 23:11 x
お誘いいただいて今日は楽しいプチ山歩きさせていただきました。
30年も昔白馬岳に登った日を一歩ずつ記憶を掘り起こすようにあるきましたわ(^^ゞ、おかげさま。
キエンレンさんの写真はいつも素敵だなあと拝見してますが、同じと処を見て歩いた感想として、本当に素敵!。実際この通りなのだけど、人が出ますね写真というのは。こんなに褒めると気持ち悪いかしら?、おほほ(#^^#)。
Commented by kienlen at 2016-09-11 09:29
いえ、気持ちいいです、おほほ!(^^)!
by kienlen | 2016-09-10 19:47 | | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31