栄村から奥志賀経由野沢温泉

安房峠を越えて岐阜に抜けてみたいと思っていて、山の日だからちょうどいいやと娘に言ったら皇太子が来るし混むでしょうと言うので止めた。じゃあ八ヶ岳にしようかと思って娘の要望をよく聞くと、つまり興味は食べ物のみ。歴史でもなく地理でもなく景色でもなく社会でも経済でも政治でもなく食べ物だけ。つまらないけど人の好みをとやかく言えないので、じゃあ中野のオランチェでご希望の桃とスイカなどを買い、飯山の道の駅に寄ってキノコなどを買い、栄村の道の駅でソフトクリームなどを食べてランチということになった。娘の関心が食べ物以外にないので私は不機嫌で、それで不機嫌になる母親に娘はもっと不機嫌でブスっと出発。その前に、仕事もなく毎日遊んでばかりでお金使うので夫に昼飯代をくれと言って1万円もらおうとしたら2000円だけくれた。オランチェは遅く行くと品物がなくなるので10時には到着。ところがすでに駐車場はいっぱいで店は入場制限していて長い行列ができていた。うわー。飲食店で並ぶのは嫌だが市場である、面白いので並んで入った。収容人数200人くらいだろうか。いや、もっとだな。桃一箱1500円、スイカ大玉1000円、花も野菜も108円。つい買い込んでしまう。レジも長蛇の列。
f0104169_21080215.jpg
よく行くので珍しくもないが飯山もきれい。飛行機雲が三連も。好きです、信州。
f0104169_21084207.jpg
ちょっとのドライブで戻るつもりだったのに、津南経由で栄村にちゃんと入ろうとして、この道が前に通ってイメージしていたよりずっと難関だった。何か勘違いしていたようだ。こちらの景勝地で昼食。
f0104169_21091353.jpg
f0104169_21104736.jpg
娘は岩魚の塩焼きと山菜定食1300円で、予算的に私は700円なのでキノコ蕎麦。これがこごみやししとうがたくさん入っていて傑作だった。
f0104169_21101773.jpg
f0104169_21094230.jpg
岩魚はこうして焼いている。たき火が嬉しいくらいの涼しさだった。で、もうこうなったら奥志賀道を行ってしまえと思って走る。多分3回目か、4回目か。1人では絶対通りたくない道であることだけは知っている。ガードレールはないし落ちたらそれまでだし車はほぼ皆無だし長いし、山の日でもここまで来る人はごく少ないようだ。そして娘はそんな恐ろしい道でもぐっすり寝ていた。食べて寝るだけの人。私には理解できない神経の持ち主である。
f0104169_21120109.jpg
途中、車が何台か止まっていたので何かと思ったらここで水を飲んでいた。飲めるんですかと聞いたら飲めるというので一休み。この名前で美味しそうには感じられないがとってもきれいで冷たくて美味しかった。
f0104169_21123202.jpg
野沢温泉に下りる道を選んだらこの景色がありまた感嘆。素晴らしい信州の山。
f0104169_21132423.jpg
f0104169_21140189.jpg
こんな写真じゃ何も分からないが、実際は素晴らしいのです。あちこち走っているつもりだったが、ここは多分初めて。居合わせた男性に「きれいでしょ」と言われ「ホントですねー」と言うと「どちらから?」と聞かれたので「地元です、長野市。でも知りませんでした」と答えると「そりゃ、ダメだねえ」と言われた。食べ物だけの人と景色だけの人、どっちもどっちで浅いけど、きれいだった。


by kienlen | 2016-08-11 22:16 | | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31