グローバル化ですか

グローバル人材云々という話を聞いた後、映画見に行く前にご飯食べようと思って夫の店に寄り、しかし映画の時間をちょっと過ぎてしまって諦めて家に戻りかけたところで、タイ人の友人にばったり遭遇。どこに行くのか聞いたら夫の店に行くから一緒に行こうと言われて引き返した。あくまでも成り行き任せ。お腹いっぱい食べていたのでビールをチビチビ飲んだ。そこに他のタイ人がボツボツ入って来た。ひとりが「妹がスエーデンにいるから泊まっていいよ」と言うから、ちょうど娘と北欧の旅を考えていたけど予定を変更してタイとラオスとベトナムとカンボジアを歩こうと思っていると言うと「じゃあちょうどいい、実は私が行く時に誘おうと思ってた、宿泊費かからないからいいよ」と言うので、ぜひぜひ、ということになった。ほんとにお願いしたい。

それからもう一組のタイ人は、日本滞在の長い母親と、彼女を訪ねてきたお嬢さん。ビザなしでいられる2週間めいっぱいいるということだった。日本人のお客さん皆無でタイ人ばかりの日。そういえば夫も10日ほどタイに行っていて一昨日戻ったばかりだった。タイの映画のDVD買ってきてくれと頼んだら本当に買ってきてくれた、珍しい、どういう風の吹き回しか知らないが。この母娘が、日本人の夫の休みは日曜日だけでどこにも行けないと言うので、明日バラ園に連れて行くことにした。映画の方は、夕方の上映のに行こうかと思ったけど全部止めてしまった。エリートのグローバル化と底辺のグローバル化を感じた日。国の方針はつまりエリート用なんだからはっきりそう謳った方が分かりやすいと思うけど。



by kienlen | 2016-06-03 19:11 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー