サワッディー・ピー・マイ

用事に出た帰りに夫の店に立ち寄ると、薄暗い店内にタイ人女性がふたりビールを飲んでいた。自転車を停めて店内に入る。ちょっとやることがあるので片付けてから飲もうと思ってパソコンに向かっていたら、開店時間と同時に女性客がひとりで入って来たのでカウンターを勧める。タイ料理が大好きとのことでモリモリ気持ち良い食べっぷりだった。名前をタイ語で書いてくれというので書いてやったら喜んでいた。タイに行ったことはないとのことだったが、料理であれ言葉であれタイに興味を持つ人が増えるのは面白い。

そこに店主が入って来て、飲んでないなら車を持って帰ってくれというので引き受けた。そこに男性がひとりで入って来て「あけましておめでとう」と言った。そうだ、今日はタイの新年なのだ。昨日もバンコク在住の友人からお坊さんへのお供え一式の図柄が送られてきたから「タンブンですか」と聞いたら「何いってんのよ、ソンクラン」と言われたばかり。タイは44度だとか、ひどい干ばつなので水かけ祭りの水を使う日を制限しているとかみんなで話していたが、私は何も知らずにいる。どこにも適応できていない。みんなでビールで新年の乾杯をしていたが、私はひとり付き合えず運転して帰った。これも新年。

by kienlen | 2016-04-13 19:30 | タイの事と料理 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー