うまくいってないそうだ

しばらく前に図書館でばったり知り合いに会った。もうずっと昔から知っている男性で、久しぶりにちょっと一杯ということになり、カウンターの隣の人になった。ビールをついで軽く乾杯。と、いきなり「最近、だんなとうまくいってないんだって?」と言う。ビールをむせそうになった、というとドラマみたい、といったらありふれ過ぎてそんな表現様式は今どきないということになるかもしれないが、とにかく大変びっくりした。何で人の家の事情を知っているんだ、という意味ではなくて、どうしてそんな噂が流れているんだろうということに。こちらの疑惑を感じ取ったのか「いやいや、確たる根拠があってのことじゃないんだけどね」と、すかさず微妙な言い回しで、こちらの応対を防御した。

人の話のかなりの割合は他人の噂話であろうことは想像に難くない。自分もその中に登場するということは、少なくとも誰かはどこかでその瞬間だけでも自分を覚えていてくれるということで、何だか孤独感が紛れる感はある。ありがたいことだ。そういえばこの間、知り合いの会社の社長からお仕事の打診があり、心構えをしていたらだいぶ経ってから「あれ、なくなった。申し訳ない。腹立つよね」と言われたので「とんでもございません。よくあることですし、ちょっとでも思い出していただけただけでありがたくて涙出そうです」と答えたら、気味悪がっているような気配だった。そうか、こういうことをあちこちで言っているうちに、子どもはいなくなったし夫からも相手にされず変になっているんじゃないか、という展開に尾ひれが付いているのかもしれない。ありがたいことだ。真相はどうなんだろうかと思っても尋ねる相手もいないし。おっと、こういう言い方もささやかな尾ひれになるかも。

by kienlen | 2016-03-21 14:34 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31